2012年01月19日

嬉しい事宇宙

トントンと階段を降りていつも郵便受を開けます。
郵便受は嬉しい事宇宙。
沢山のビラや請求書の中にうもれて本当にたま〜にやってきます。
素敵な個展のDMや映画試写当選のチケット。
そして今日は雑誌イラストレーションが届きました。
近くの公園のベンチに座って高鳴る気持ちを押さえながら最初からユックリとページをめくります。
今号からリニューアルして表紙デザインも新鮮でとても素敵。
そして読み進めていくとぴたっと手が止まった。
見逃さなかったよ!この画像!
たじまひろえさんの個展のお礼状が載っていました。
たじまさんは多分魔法使いなんだと思う。
絵もそうだけど、たじまさんの個展のお礼状は貰った人全てがニコニコしてしまいます。
感謝の気持ち、楽しい気持ち、幸せがまるまる家に届いてその手紙をパカッと開けると部屋中にわ〜っと飛び出す幸せ!となるんです。
他にも知り合いのイラストレターさんの特集もあって皆活躍していて嬉しくなりました。
1冊の本に知り合いが何人も載っている、それだけでも嬉しいのに、嗚呼!なんて事なの!最後の方には私の絵も載せて頂きました。
イラストレーションのアンケートに「あまり知られていない人を取り上げて欲しい」とか
「地底に埋もれている人も取り上げて欲しい」と書いたおかげでしょうか?
宇野さんの新しい連載のコーナーで絵を描きました。
寺山修司の「上海異人娼館」の演劇のポスターの絵と仮定して描きデザインもしてもらいました。
特殊の印刷によって、その私の描いた絵がとても素敵になりました。
特に空の色がこれから何か不吉な事が起きそうな、なんともいえない異様な感じになったのです!

syanhai.jpg
この画像とは色が違う感じになりました。

こんな私のような地底人を取り上げて頂き本当に感謝です。
地底にすむモグラは天井人と接触して眩しさから一瞬目眩にやられました。
でも私は太陽の光を毛穴から沢山吸収して、又今年一年きっと絵を描いていけるでしょう。
こうやって嬉しい事があるたび私の絵を描く寿命が伸びます。

それで、私の絵も誌面で2点売っています。
私にお金持ちの愛人がいたら買ってもらうところなのですが、
生憎そんな人はいないのでご興味がある方は是非ご高覧下さい。
こちらのサイトでも購入できるみたいです。
http://art-life.ne.jp/scb/shop/shop.cgi?No=516&
http://art-life.ne.jp/scb/shop/shop.cgi?No=517&

それと去年の個展の時の絵も売っています。
これもとても気に入っている絵です。
http://art-life.ne.jp/scb/shop/shop.cgi?No=437&
http://art-life.ne.jp/scb/shop/shop.cgi?No=438&


本当にいろんな人に「ありがとうございます」と言いたいです。
今年も私はとてもついていて幸せで、きっともっともっと幸せになる予感。
今年も頑張っていこうと思います。
posted by kyoko at 23:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

あけましておめでとうございます。

本当に明けて、この土壷から抜け出す事が出来るのかしら?
未来は輝いているの?って聞かれたら私は自身をもって「はいっ」と言えます。
私は人生の中で大した事ってそんなに無いと思っています。
その言葉を父がまだ生きている時に言ったら「そんな事はない」と厳しく悲しい形相で父は答えたけど。
確かにその時は母親が不治の病で入院している頃で父にとっては人生一番の悲しみだろうけど。
それでも私は今でも大した事は無いと思っています。
なんで大した事ないと言えるかと言うと、
天災で家を無くし大けがをしても、私が重い難病で寝たきりになり痛みと苦しみに耐えられなくなっても、大切な人が死んでも、天涯孤独になっても、無一文になり物乞いをしなくてはならなくなっても、日本が独裁国家になり理不尽な思いをしても、刑務所に入れられても、戦争が始まっても、放射能で日本に住めなくなっても、それでも私自身が生きているだけでそれはとても幸せな事なんだって思うからです。
実際にそんな状況になっていないからそう言えるんだ、私は甘いとは思います。
でも多分どんな状況でもその状況が日常になっても、その中で楽しい事見つけられるような気はします。
ただそれだけの確信だけど、
脳内で大好きな曲を再生しているだけでも心はうかれます。
何だか凄くいい加減で適当な考えだけど、いい加減な人は自由で幸せそうに見えるし、脳天気って最高に素敵と思う。

昨年は私にとってもとても良い一年でした。
展示を3回も出来た事。
それは沢山の人と出逢え、沢山の私の絵に私自身が出逢えた事。
なんの価値も無い絵だけど、今度はどんな絵が私の中から生み出されるかってとても未知でもあり、それが私の一番の楽しみなのです。


2012nenga.jpg


今年も色んな人と色んな絵と絡み合いたいなという思いを込めて描いた絵。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。




posted by kyoko at 00:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

寒いけどちゃんとしよう。

先日夫と新宿タワーレコードに行った。
1500円のポイントがもうすぐ期限切れになるので何か欲しいのがあったら買うよと言うので色々物色していたら「働けECD」という本に目がとまる。
ECDさんは私でも知っている。CDとかは聞いた事ないけど90年代初めくらいにこの方の名前がよく目にはいるようになった。ヒップホップの凄い人という事くらいしか知らなかったけど。
今は私がそういう場所に遊びに行かなくなったからかこの方の名前を聞かなくなったけど、先日ラジオで伊集院がこの方のCDをかけていたので、私が知らないだけだったんだと気付く。
昔良く目にしたけど、此処最近見ない人を「消えたね〜」と思う事って良くない事って最近思うようになった。
流行の上辺だけしか見てないからそう思うので、そう思うのは恥ずべき事だ。
と何だか分からない自分への怒りが少し湧いてくる。
私は人への怒りより自分への些細の怒りが湧いてくる事が多い。
その瞬間「死にたい」と思うのだけど、それはダメな自分を殺したいという事で瞬間で終わる。

それはさておき、なによりもこの本の写真がとても良かったので惹かれて手にとるも「読むなよ!」と言わんばかりにビニールに入れられたビニ本状態だったのであきらめその本は棚に戻し、さて何を買おうかなとまた物色を続ける。
いくつか欲しいものがあってそれを夫に言うと「1500円以上の物はポイントが倍の日に買うから1500円くらいのがいい」などと貧乏臭い事を言うので私は何もいらないと言う。
「じゃ〜サン・ラを買うよ」といいJazzのコーナー行ってサン・ラのCDを買う。
「それにしても貧乏臭いね」と笑いながら中央線にのって帰る。


だいたいこんなんで一年は終わる。
駄目な自分に死にたいと思い、貯まったポイントでただで手に入れたCDを聞けば聞く程得すると言わんばかりにずっと聴き、お金はそれほど無いけど幸せよ。
だいたい安心なんて幻想だと思えば怖い物なんてそんなにない。
でも来年は「死にたい」と思う瞬間をへらし、欲しいCDも見たい映画も行きたいライブも我慢せず行けるくらい今より少し裕福になりたいわと思う。
要はちゃんとするということ。目標はただそれだけ。


posted by kyoko at 13:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

柿と鳥と鼠

秋になると実家の庭にある柿の木に沢山柿がなるので、長い竹の棒の先を縦に割ったもので柿もぎをする。
私はまだ小さかったので母親がその竹の棒で採った柿を拾う係り。
木に柿は沢山なってて、でも母親はそれを全部は採らず木の上のほうの柿は何個か残し「はい、もう終わり」と言う。「えっ、何で?まだ柿は残っているのに」と思い、何で柿を少し残しておくのかと母親に聞くと「これから冬になり鳥達の食べ物が無くなるから、鳥が冬を越せるように柿は何個か残しておくのよ。」と教えてくれた。
それは言い伝えみたいに、私の兄も、その嫁も今でも守っている。
こういう事は田舎では、自然と共存とまではいかないけど農家ではきっと当たり前の事なのかもしれない。
こうやって柿を鳥の為に残しておく事の言葉も確かあったのだけど忘れてしまった。

と此処まで書いていて、NHKの「ラジオ深夜便」で読まれるような、なんて事無い生活のちょっとした感動話みたいだなと思ったのだけど。。。

でも母は強しだから残酷の面もある。
冬になると実家の家に鼠が侵入してくる。
それを知った私は「怖いよ怖いよ」と泣いて夜も眠れなかった。
数日後、母親は「鼠は捕まえたからもう大丈夫だよ。」と言った。
私が「鼠、捕まえてどうしたの?何処かに逃がしたの?」
と聞くと「殺したよ」と言う。何でも袋に鼠を入れて叩いて殺したみたいだ。
私は怖かった。鼠、良くみると可愛い顔しているのに何でそんな事できるのだろう!酷いと泣いた。
私は「何で?可哀想だよ、何で殺したの!可哀想だよ!」と泣いたら「あんたが怖い怖い言うからでしょ!」と怒られた。
その時、母親を悪ものみたいに攻めたのは悪いな〜と後で反省はしたものの、鳥への優しい思いやりと相反する、哺乳類を殺す残虐性にちょっとビックリした。
いい話だけではないんだ。自然と共存するには裏と表がある。色んな物事は常に。

この時期スーパーに並ぶ形の良い柿を見る度にその事を思い出す。
posted by kyoko at 15:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

絵を追加しました。

ホームページに絵を追加しました。
お暇な時に覗いて頂けたら嬉しいです。
http://www.geocities.jp/kyokohirota69/portfolio.html


54b.jpg
posted by kyoko at 03:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

個展は無事終了しました。ありがとうございました。

9月の番狂せでの個展無事終わりました。
足を運んでくれた方、気にかけてくれた方、本当にありがとうございました。
今回は風景とモノクロを中心に展示しました。
風景はセツにいる頃好きで風景ばかり描いていたのだけど、風景よりも人物の方が褒められることが多く、勝手に風景苦手意識を自分の中に植え付けていました。
人を描かないと何だか物足りなくて不安になり、人がいない絵は描く時に心が入り込んで行きませんでした。
このままではダメだわと今回は思い切って人物なしで沢山描こう、「私しか描けない風景って?」と自問自答しながら描いていました。だから迷っている部分も沢山ある展示になったかもしれません。

今回の展示では本当に沢山の人からご意見、ご感想を頂きました。
その言葉一つ一つに色々気付かされ、心に響きました。
私は私が持っている物しか持っていないんだ、そんな当たり前の事を、ほろ酔い気味のフニャ脳で考えていました。
迷ってばかりだけど、結局はここに辿り着くのです、
これからも枠に縛られず自由な絵を描いて行こうと。

今年は2月にグループ展、4月に個展、そして今回の9月の個展と展示を沢山させてもらいました。
特に4月の個展前は震災があり、色んな感情が押し寄せてくる中描いていました。
計画停電や節電で暖房をつけず寒くて凍えていたけれど、それでもこんな状況の中で絵を描ける環境がある事がなによりも幸せでした。
そして9月の個展の前には台風があり、その台風は予想以上に酷くテレビのニュースを横目に必死になって描いてました。
あの3月の震災の時の感情がジワジワと蘇ってくるのを感じながら、あ〜本当にいつどうなるか分からないんだ。この時代に生まれたから出くわしてしまう避けようの無い事。
それは昔、戦争がそうだったように。
だから私は今出来る事をちゃんとやろうと強く思い、出来なかった事があったら全て私の弱さのせいで、言い訳をしないように生きて行こうと描きながら思っていました。


今年こんなに沢山展示をしたのに飽きずに足を運んで頂いた方、いつも見ているよと言ってくれる方がいるから私は今日もこうして絵を描いているんだと思いました。
大げさではなくて皆さんがいるから生きていられるんだと思います。
そして私に展示する場所を提供してくれた番狂せの店主さん、
本当にありがとうございました。


PICT0012.jpg
posted by kyoko at 00:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

展示のお知らせです。

dm.jpg

atena.jpg


2011年9月1日(木)〜9月30日(金)の一ヶ月間
新宿荒木町の飲み屋さん「番狂せ」で個展をします。
9/2(金)には生意気にもオープニングパーティーを開きたいと思います。
ママと二人酒になる可能性が大きいので、どなたさまもどうぞお気軽にお立ち寄り下さい。
気の利いたお喋りはできませんが、口琴をビョンビョン弾いて怪しいお店をよりいっそう怪しくしたいと思います。

オープニングパーティー 9月2日(金)19時から
チャージ2000円(食べ放題+1ドリンク付き)
追加ドリンク500円

今の所、16(金)、22日(木)、30日(金)には私もお店に顔を出したいと思います。


営業時間:月-金18時〜26時頃まで 土日祝日休み
パウロ野中氏によるタロット占い
9/14(水)19時〜 15分1500円
DMには9/7日と記載されてますが14日に変更になりました。

飲食店での展示ですので1オーダーお願い致します。



はたして見に来て下さるなんて、そんな好事家な方いらっしゃるかな〜。
「お店には行かないけどDMが欲しいわ!」という方もいるかしら。
そんな方はこちらにメールを下さい。シッポをふりながらお届けします。



尚、8月一杯は南奈央子さんの展示をしてます。
壁一杯にお仕事で描いたかっこいい墨の絵が貼ってあって、とにかく圧倒されます。
見応えがあるのでお酒をのんで酔っぱらう前にじっくり見る事をお勧めします。

私の絵はお酒を飲んでドロドロになってから見ると、ここにいるのに旅してる気分になるかも?です。
お酒が好きな方も、あまり飲めない方もどうぞお近くに来た際にはお気軽にお立ち寄り下さい。
posted by kyoko at 19:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

趣味は戒め

此処最近、眠りに入ろうと思うと必ず聞こえてくる音。
台所の蛇口からポトン・・・ポトン・・・ポトン・ポトン・ポトン・ポトンポトンポトンポトン
止めなくちゃ、止めなくちゃとなんども思うのだけど私の裸足の足はぺったりと夜の床に吸い付いて動けやしない。
ポトンポトンが物凄い早さになると、同じ速度で私の鼓動も早くなり頭をかきむしり心がザワザワとせわしなくなる。

個展当日、絵を貼る為の両面シールを買うのをわすれ、慌ててお店に買いに行くけど何処にも無く、ゼーゼーいいながら街中探しまわる。
やっとの思いで手に入れ絵を壁に貼るも誰も見に来ず、お店のママには「信じられない」とあきれられる。

とにかく走りまわり、心臓の動かし方も分からなくなり、ドッドッドと急に早くなったと思えばピタッと止まる。
心臓は勝手に動くがコントロール出来ない。


一時期、焦る夢ばかり見ていたのだけど、最近見ないなと思ったら、
夕べは久しぶりに焦りまくっている夢を見た。

切羽詰まらないとやらない。
もう、いつも懲り懲りって思っているのだけど、
火事場のバカ力ではないけど、切羽詰まった時の爆発力というのに充実を感じる。
でもこれは間違っているんだよ。
やったつもりになるけど、もっと前から毎日コツコツとやらなくては。
これは子供の頃から変わっていないよ。
それに展示の絵を描いたからって、それで満足してはいけないよ。
これは下準備でしかないのだから。


私の家は最近噂の立川断層の直ぐ近く。
死はいつだって背後につきまとっているんだよ。

posted by kyoko at 01:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

脳みそ絵具

真っ白な海と砂浜にチョコレートバー
溶けるとろける、アリンコ天国。
今日もアイスノン首に巻き、
永久にあなたの事は愛すノン
なんてトワ・エ・モアで秋をさきどり
三月には塩辛い涙舐なていたけど、
今日は鼻の頭の汗を舐めながら
アイスはとけるが絵具は固まる
だけど私の脳みそ絵具はどろどろで、
沢山描くよ気狂い風景
毎日汗疹と戦いながら
ベビーパウダー身体にまぶし
真っ白になった私はスケキヨよ。
青く塗ればジャン・ポール・ベルモンド
なんてシャレた事を言えばもてるかなと思えば
17の頃から、よってくるのは変態と貧乏人。
最近感じる、前世は変態マリア。
この罰当たりと罵って下さい。



とおふざけは此処までで、
来月は番狂せで個展をします。
只今梅干ししゃぶりながら製作中です。

posted by kyoko at 14:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

お月さんと手紙

福島に住む義父母から手紙が届きました。
「仮設住宅に引っ越しました。元気に暮らしてますので心配しないで下さい。」
と、やけに達筆で、一文字、一文字が何だかとても心にジワジワとしみ込みます。
その前にも電話で何度か話をしていて、「こっちに部屋を借りて住みませんか?」と言ったけど「家賃がかかるから、それに仮設には家電が全部揃っているし、こっちでノンビリ暮らすよ」と言う。
ご老人とは言え私としては高い放射能が気になり、少しでもマシな東京で・・・・と思うのだけど、これも私のエゴだなと気付きました。
だから、覚悟してそこに住もうとする人に「放射能が心配です。大丈夫でしょうか?」と言おうとしたけど、こんな私の心配も私の自己満足なんだと思い、そんな事は言えませんでした。

それに、仮設には元々住んでいた町内の人も沢山いるだろうし、同じ状況の人といた方が話もあうし、情報も直ぐに入るから安心なんだと思う。

震災から4ヶ月、早いのか、遅いのかどちらにしろ沢山の人が精神的に混乱し、ヒステリーになったり、それでも安定した精神状態を取り戻そうと皆なんとかやっているんだと思う。
私の生活や食生活は、いたって普通で、水はスーパーの浄水を飲むか、ブリタの水を飲んでいます。
野菜も魚も特に産地は気にせず食べてます。
子供がいる方は神経質になるところだけど、先の見えない、目に見えない危険に振り回されず至って普通に生きて行くのが一番精神的にも良いと思うから。
被災地の方の方がもっともっと心配だろうし、未だに体育館などで生活している方は沢山いるのだから、今の状況に恵まれている私は騒がず慌てず、普通に暮らしていきたいと思うのです。


今日のもやもやお月さんは今にも部屋に入ってきそうなくらいに近くに感じます。
窓から見えるお月さんと一緒に手紙を読みました。
お月さんを見ていたら何だか泣けてきて、
お月さん、心配してお部屋に入ってこないかしら、朝、目がさめたらお月さんを抱いていたら素敵だなっ。

手紙は心に刻まれます。
実母からの手紙はもう見る事は出来ません。なんだかちょっぴり胸がきゅーとなるので。
そして一度も返事を出していない事が今とても悔やまれます。

posted by kyoko at 00:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする