2013年04月09日

描くという事で思った事

知り合いの、とはいっても私が一方的に知っているセツで知り合った女性の方の絵が好きでした。
何年か前までは精力的に活動をしていたのだけど、ここ数年この方のブログは更新されず、新しい絵も載せていないし展示もしていないので今は絵を描いていないのかしら?
たびたび思い出し少しだけ気にはなっている方。どうしいるかなってそういう人が数人います。


先日、絵描き友達と話していた時、彼女は「絵を描いていて良かった。凄く救われている。どんな時でも絵は直ぐ隣にいてくれる。まだ絵を描いていなかった頃は苦しくてしょうがなかった。音楽も映画も好きで沢山インプットしてきたけど、自分は何も出していない。それが辛くて苦しくてしょうがなかった」と言っていたのがとても心に残っています。
なぜなら私も全く同じだったのでとても気持ちが分かるからです。

20代の頃私は絵を描いていませんでした。
音楽、映画、小説、マンガ、そしてもちろん絵を見るのも好きでした。
同じような趣味の友達と過ごし、人が創った物を見ては一緒に感動していました。
その友達はそれだけで人生満足で、それが全てだと言っていました。
私は違うと、何でか分からないけど私はなんか違うとずっと思っていました。
だけど、私もその友達と同じように、これで満足だと思い込ませていた。
何かが違うと頭の片隅にはあったけど、「一体私に何が出来るのだろうか?」と思うとそう思い込ませなければ辛くてしょうがなかったのです。
ずーっとそうやって人の創った物を待つ受け身な人生でいいんだって。


あの頃は本当に霧の中を歩んでいるようでした。いつも目の前はモヤモヤと視界も聴覚も曇っていて、生きているのか死んでいるのか分からないほど、あの頃の記憶もあまり無いのです。
いつも「死にたい」と思っていました。
狭いアパートに夜の闇がやってくると、孤独と貧困の輪郭が目の前にくっきりと現れて、世界中の誰からにも取り残され、私の友達はこの部屋に住むゴキブリだけなんだって、そして永遠にこのままだと思うと、本当に嘘みたいに死にたいと思っていたんだ。
今冷静に考えるとあれは自己喪失だったのだと思います。
誰かが創りだした物に依存する事で自分自身を見つけようと必死で、
常にそれに違和感を持ちながらいたから、だからいつもモヤモヤと霧の中だったのです。


今は嘘のようにとても幸せです。
なによりも絵を通しての素敵な友達ができたし、たとえ今でもそれほどお金が無くても幸せなんです。
私は何で絵を描いているのだろう?と思う事もあります。
誰かに認めてもらいたいのだろうか?もちろんそうだと思う。
今だって、こんな底辺であの部屋のゴキブリと同じで、ウロウロしているだけだけど、
それでも何かちょっと変わるのではないかって思ったりしています。


絵を描くのを辞めてしまった人は、描かない事で救われているのでしょうか?
それが幸せならそれでいいと思うし、他にもっと夢中になれる物を見つけたのかもしれないし。
描く事で救われる人もいれば、描く事で辛くなる人もいるのも現実。
その境界線はとてもとても曖昧で、私だっていつかそっち側に行くかもしれません。
そしたらまたあのアパートでただただ朝がくるのを待つ日々を過ごすだけになるのかもしれません。
posted by kyoko at 19:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

春はあまり好きではなかったりするけど、やっぱり本当は好きです。

巷ではおき楽な嘘をついてちょっとばかり人を脅かしてみたり、
テレビでは入社式の映像ばかりで「これから新しく始まります」などとニュースで見たり、こんな光景は落ち込んでいる時に見ると更に落ち込みます。
桜が咲いて、近所の猫も外で楽しそうに遊んでいて、ベランダのビオラちゃんも太陽の方ばかり見つめて、何もかもこんなに新しいのに、キラキラしているのに、現実を見たら私は古くなっていくばかりで薄ぼんやりの影だけを落としただただ黄昏れていくばかりでもう本当に嫌になっちゃう。
でもせめて良い事だけはしようと思い外に出て、この混沌とした町で私は良い事おばさんになろうと誓い、早速駆け足で駅に向かい券売機の前に今日迄の回数券を一枚置き、これを誰かが発見して使ってくれたら、その人はラッキーと思い笑顔になり、小さな幸せを分けてあげられるわと思うと私も笑顔になれました。

そしてさらに町内を歩いているといつも見かける車椅子にのった不良小人さんが、楽しそうにコンビニの前でワンカップの日本酒を片手に仲間と談笑をしていました。
この不良小人さんはいつも町をウロウロしていて、そして楽しそうに誰かと話しているのをよく見かけます。
それを見る度に私も楽しくなり、私はこの方が大好きで、そしてこの混沌とした町が大好きです。
外を徘徊してとても楽しい気分になりました。春には外に出てみるものだな〜と思いました。

そして心機一転、無理矢理にでも新しくなるように前向きに頑張っていこうと思いました。

posted by kyoko at 19:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

余寒お見舞いもうしあげます

yokan.jpg
日々の落書きの絵をこちらにアップしました。http://kyokohirota.tumblr.com/
お時間のある的にでも覗いて頂けたら嬉しいです。


あけましておめでとうございます。
2月10日が旧正月だと聞いて、新年の挨拶もままならなかったので今更ながらおめでとうございます。
新年始まって1ヶ月半位たちましたが、この短い期間で私の周りばかりがウヨウヨとざわめく怒濤のような日々でした。
私は毎日変わりなく自分の仕事をこなし寝て食べて息をしているだけなのだけど、考えなければならない事、ショックで落ち込むような事が、私が生きていない世界からやってきました。
それは同時に1人ではないという事だから人との関わり合いが多くなればなるほど心配事も多くなる事なんだと思います。

そして今年から初詣のお願い事は「世界中の人が幸せで笑顔の絶えない世の中になりますように」とお願いする事にしました。
初詣の行列を見ていたら、神様も一人一人のお願い事なんて一々覚えていられないだろうし、周りの幸せがなければ自分の幸せも来る筈がないのだから全ての人が単純に「世界中の人が幸せになりますように」と祈れば神様も「お〜皆がそういうのなら」と考え直し素晴らしい世の中になるのではと思うのです。

皆が幸せになるなんて不可能かもだけど、意外にもヒントは映画の中にありました。
70年代の映画「ハロルドとモード 少年は虹を渡る」。
私はこのモードという79歳のおばあさんがとても好きです。
人の車を勝手に乗ったり、白バイを盗んだり決まりのない自由な人です。
何かを所有するという事を皆がやめれば皆幸せになるという考えの人です。
だからハロルドが「愛している」とおばあさんのモードに指輪を渡すのですが、モードはすかさず指輪を海に放り投げます。そしてモードは「これで永遠になくならないわ」と言います。
このシーンが大好きで、私もこんなおばあさんになりたいと思いました。
所有欲がなくなれば争いもなくなり、みんな幸せになるのではないかしら?
試しに半年だけ日本の人が「いっせいのせ」で所有欲をなくしたらどんな世界になるだろう?
そう思うと少しだけワクワクします。

という私もこの消費社会の奴隷なのです。
生きているうちになんとかこのモードの境地にいきたいです。


posted by kyoko at 03:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

お仕事の絵です。

別册文藝春秋『ナイルパーチの女子会』柚木麻子さん著の扉絵を描きました。
30代女子のドロドロした人間関係を描いたこの小説がとても面白くて、とても好きな文章なのでドキドキしながらすっかり一読者になり読んでいます。
どんな年代でも人間関係は難しくて、自分では当たり前の距離感が相手にとってはズカズカと入ってくると感じたり、誤解を解こうと言葉を重ねれば重ねる程相手が離れていったり、そういう事は女性はきっと誰にでもある話なので『女子あるある』的なお話でもあります。

そして私の好きな少しホラー的文章、
「昭和生まれの掃除機はまるで、大きな鳥の遺骸のようだと思う」
「黒いコードがひゅるひゅると吸い込まれる様も飛び出した腸が戻っていくみたいでグロテスクだ」
「茶こしの中のあられが水死体のごとくふくれあがっていた」

という表現が、不吉な予感で胸が高まり、怖いもの見たさのワクワク感でページをめくります。

2回目の絵
niru2.jpg


3回目の絵
niru3.jpg

(1回目の絵はこちらです)

これからおこる不吉な予感が少しでも感じられたらと思い描きました。
文章を絵にするのは本当に面白いです。
小説を読むのって私にとっては、脳内に映画上映している感覚です。
なので映画のポスターを想像します。
作家さんだったらどんなポスターが良いだろうと想像しながら描きました。
正解はないけれど、もっと素敵な絵が描けるようになりたいです。

小説は益々ひっくり返る程面白くなってきましたのでご興味がある方は是非お手にとり読んでみて下さい。




posted by kyoko at 03:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

私だけに聞こえる。

突然雨音が聞こえてきたので洗濯物を取り込むため急いでベランダに出るも、雨はこれっぽちも降ってなくて道路も濡れていないので「なんだ空耳か〜」と思い部屋に戻り飲みかけの珈琲を飲み干して暫くしてもずっと雨音が聞こえてました。
深まり始めた秋の午後、
その日は確かに青空の洗濯日和でした。

さっきからずっとポツポツと一定のリズムで聞こえる雨音は一体いつ止むのかしら?。
もしかしたら、ライブに行くと一晩中耳鳴りがするみたいなものかもしれないから一晩寝たらきっと聞こえなくなるだろうと気楽に思ってました。
ところが翌朝になっても雨音が聞こえている、外に出てどんなに目を凝らして青空を仰ぎ見てもやはり雨なんかこれっぽちも降ってなくて、耳の穴に指を入れてかきましてみても、耳栓をしてみても、トントンと軽く頭を叩いてもずっとずっとポツポツと雨音が聞こえてくるのです。

それでも二、三日したら聞こえなくなるだろうという変な確信で放っておく事にしました。
だけども三日が経っても相変わらず雨音は聞こえている、そしたら一週間位したらきっと聞こえなくなるさ、一週間たったら一ヶ月したらと思っているうちに、もう私は雨音が聞こえてくるのも殆ど気にならなくなってそれが私にとって普通な状態になり、時にはその音が心地よくも感じるようになりました。

もうそれからは雨音が友達のような存在になってきて、
一人道を歩いている時はその雨音のリズムに合せて歩いてみたり、
雨音に詩をつけて歌ってみたり、
雨音のリズムや音色にも色々あって、トタン屋根の雨音、土の地面の雨音、草むらの中の雨音、海の中に溶けもむ雨音と頭の中には沢山の景色が現れてくるのです。
とっても強い雨音の日は外界の音は一切聞こえてこなくなるので、ずっと一人で集中して考え事をするのには丁度よくて、もう亡くなった両親の事を、友達の事を、森の中に住んでいる生き物の事を考えたりと、とにかくこの雨音が聞こえるようになってから一人で色んな景色を映し出したり、考え事をする時間が増えるようになりました。

そんなある日、もっともっとようく耳を澄まして聞いていると雨音の中に誰かの足音が微かに聞こえてきました。
それは慎重な丁寧な足音だったり、時にはバシャバシャと水が跳ねる程乱暴な足音だったりして、その足音は確かにだんだんと私の方に近づいてくるのです。
きっと誰か素敵な人が訪ねてくるのに違いないと私はワクワクしながら待っていました。
何か良い事が起きる予感、幸せがやってくる予感、そんな予感を感じながら毎日を過ごすようになると現実世界で多少落ち込む事があっても
「今でも足音が近づいてきてる。きっといつかいい事あるんだ」と思うようになって気落ちする事がなくなり私は毎日を幸せに過ごす事が出来るようになりました。
永遠にその足音の主を分からないだろうと分かっていても、きっと一晩寝たら、明日になったら素敵な事が起きると思いながら過ごすようになりました。

前にもこのブログに書きましたが子供の頃、雨の日はずーと耳を澄まして雨音の中から聞こえる足音を聞いて誰かが迎えにくるのではとドキドキしながら待っていました。
それは本当に雨が降っている日に聞こえる足音で、今のように常に私だけに雨音が聞こえたわけではありません。



「私の背中にいつも人がついているのよ」と生前母親が突然言い出した事があります。
それ以降ちょっとした予知が出来るんだといいはるのですが、私はその時は「何言っているんだろう?」と半信半疑でした。
だけどもしかしたら私のこの常に聞こえる雨音は、この母親の言う「背後の人」と同じような事なのかもしれない、と思うようになりました。
今となってはもう聞けないけど母親の言う「背後の人」の事を信じて、もっと詳しく聞いておけばよかったと後悔してやみません。


私にとってはそんなに悪い事でもないので、
取りあえずしばらくはこの雨音を楽しみながら生きて行こうと思います。




posted by kyoko at 21:34| 半分妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

お仕事をしました。そしてホームページに絵を追加しました。

別册文藝春秋11月号 『ナイルパーチの女子会』柚木麻子さん著の扉絵を描きました。
大好きな本のお仕事でとても嬉しいのと、そしてなによりもこの小説がとっても面白いのです。
読み始めて直ぐに文章の中に吸い込まれ、ドキドキしながら読み進めました。
女性の方はきっと「私にも似たような事ある」と直ぐに入り込め、文章を読むにつれドキドキすると思います。
こんな面白い小説を読めるのはとっても幸せです。
そしてどんな絵を描こうと考えるのも、緊張しますが楽しくてしかたありません。

009.jpg


それと先日の展示の絵などをホームページに追加しました。
お暇でしたら是非覗いて下さい。



posted by kyoko at 02:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

ありがとうございました。

「リキテックスアートプライズ2012」無事終了しました。
お忙しい中足を運んで頂いた方、投票して頂いた方ありがとうございました。
85人の展示は今迄経験のない壮大のグループ展のようでもあり、
個展の集合のようでもあり、
普段あまり接する事がないタイプの絵に1日で沢山であう事ができたのでとても刺激になりました。
それと同時に「絵を描く人がこんなにもいるんだ」と思うともっともっと絵が溢れる世界になって欲しいと切実に思います。

そしていつも展示に見に来てくれるお友達とお世話になった方が集まり、楽しそうに話している光景を見るだけでも幸せでした。

お忙しい中駆けつけてくれた方、初めてお会いした方、長い時間ずっと残り搬出まで手伝ってくれたお友達、感想ノートにとても励みになる言葉を書き残して下さった方、本当にありがとうございました。
皆さん優しい方ばかりで、出逢えただけで絵を描いていて良かったと思います。
この日の感動は永遠です。

liquitex1b.jpg
posted by kyoko at 20:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

展示のお知らせです。

リキテックスアートプライズ2012」のアートフェアに参加します。
お友達の川村レイコさんも参加します。

2012年9月29日(土) 10:00 - 18:00 (入場は17:30まで)
会場:ラフォーレミュ−ジアム六本木 (東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビルB1F)
入場料:500円


それに伴いWeb一般審査が9月24日(月)まで行われています。

とてもとても面白い絵が沢山出展されていますのでお暇でしたら覗いてみて下さい。
私は去年のマルプギャラリーでの個展の絵を一般審査に出しています。
そして今回のこの展示は去年の個展「零れ宇宙」の続きの絵を描いて行こうと思います。
私の中ではまだまだ描きたい絵があって、頭の中には壮大に広がっているのですがまだそれを頭の中から解放していないので、でも今回このような機会が出来たので思いっきってぽとりと産み落として行こうと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

posted by kyoko at 16:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロバのお礼

もう大分前になりますが「ロバミュージアム 2012」無事終了しました。
暑い中、ロバに逢いに足を運んで頂きありがとうございました。
たじまひろえさんから「ロバを一緒に描きませんか?」と誘って頂き、
合作は初めてなのですが、私はたじまさんの絵と一緒になれるなんて絶対面白くなるともう予想は出来たので二つ返事でお受けする事にしました。
たじまさんの住む湯河原から、ひろえロバが一人山をおり、
よっこらしょっと私のマンションのドアを叩き暫く近所の鳥と戯れ、
そして私が生み落としたロバと一緒にお喋りをしながら今度は二人で湯河原へ。
旅をする度に絵が増えるという楽しい楽しい旅でした。

そしてお喋りに夢中になるロバが完成!
roba.jpg

今回こんな風に誘われなかったら私はロバを描く事はなかったし、こんな素敵な合体ができて誘って頂きとても感謝です。
そして私の中に「今度はこんなロバを描きたい」とか「又今度はこんな風に合体したい」と沢山沢山やりたいことがグググっと芽生えてきました。



posted by kyoko at 16:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

展示とミヤケンとニシケン

Tambourin Gallery Presents/ロバミュージアム 2012
2012_7/31(火)〜8/12(日)<8/6月曜日休>

に参加します。
名前は「弘田ひろえ」で参加します。
なぜこんな名前かというと、たじまひろえさんとの合体したからです。
こういうのをユニットと言うのでしょうか?
このユニットという言葉に何だか気恥ずかしさを感じてしまいます。
同じ画面に描くというのはどうにも遠慮してしまいがちですが、それを乗り越え面白い作品が出来ました。
参加者は錚々たる顔ぶれですのでとても楽しみです。
とても面白い展示だと思いますのでお近くに来た際には是非お立ち寄り下さい。



最近は、部屋の気温が37度を超えるとどうにもこうにもじっとしていられず、汗をダラダラ垂らしながら朦朧としてなんにも手につかないので暇がある時はお昼過ぎあたりから図書館で2時間程過ごすのが日課となりつつあります。
本はそんなに読む方ではないですが図書館だと涼しさも相まってとても集中して読めます。
先日は西村賢太さんの『苦役列車』を読んできました。
噂では聴いていたのでどんなダメ人間ぷりが描かれているのかしらと、私よりダメなら見下してやろうくらいに思い期待して読んでみたものの、予想に反してそれ程ダメ人間ではなく、私にはとてもたくましく感じられました。
性犯罪者の父親を持ち、中卒で一人暮らしをして日雇いで生計を立て15で風俗通い、酒をくらい貧乏卑屈で人に絡み妬み恨み・・・・だけど10代なんて自分が何者かも分からないし、夢なんてなくて当たり前だし、私には好感とは言わないけどある種の親しみににた感情が芽生えました。
それと人の母となってもよい歳の私のありあまった母性のせいかもしれませんが、この主人公の行動が可愛くも思えました。
しかも読んでいるうちに彼の行動におかしみが湧いてくるのだから、
なんだかんだ言って私は卑屈でも自分の中の毒を面白く放出している人が好きなんだなと思います。


そして最近ちょこっと読んだのが宮沢賢治。
宮沢賢治は確か小学校の頃「よだかの星」を読んだのだけどあまりハマりませんでした。
だけど先日、お友達の南さんに「グスコーブドリの伝記」の試写にさそってもらってとても興味をもちポッドキャストで宮沢賢治の作品を聴いていました。
宮沢賢治は自己犠牲精神、宇宙全体の幸せを願う人で常に誰かの幸いの為に何ができるだろうと考えている聖人君子のような人に感じました。
そして「よだかの星」を改めてよんだのだけどこれは酷い。
外見が醜い鳥だと仲間の鳥にはバカにされ嫌われているよだか。
しかもとても衝撃だったのは自分が生きる為に沢山の虫を食べる事を嫌悪し、虫を食べるときの喉元のカシャカシャという感触にも嫌悪する。
そして絶望し星になりたいと願い夜空を飛びまわりやっと星になれる。
そう、この話は自己犠牲ではなく自己否定の話ではないかしら。
何でこんなに自虐的なの?一体何を伝えたいのかさっぱり分からない。
なんで一番純粋で優しい鳥が醜いが為に虐められて星にならなけらばいけないの?
それだったらせめて最後に「本当に心の美しい鳥しか星にはなれません」というのを付け加えて欲しいです。雨ニモマケズだかなんだか知らないけど、可哀想すぎる。
それに読んでいると賢治もちょいちょい毒を吐く。
よだかの事を「醜い鳥」といいきるのも賢治、悪い奴だな〜と思ったし、
「あの人はバカなのではないだろうか」とかちょっとバカにしたような、自分が優れているような事が描かれているのもある。
だけど後になって「あの人の幸いの為に何ができるのだろうか?」と言い出す。
自虐的だったり、人を見下したり、賢治はもしかして心がかなり不安定なのかしら?


名前に同じ「賢」がつくけど先ほどの西村賢太さんとはかけ離れている二人。
しかも西村賢太さんの方が宮沢賢治よりマトモでちゃんと地に足をつけ生きているように感じます。
でもそれだけ宮沢賢治の人格はとても興味深く、他の本も読んで読み解いてみたいとも思います。



posted by kyoko at 20:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする