2014年07月05日

芋虫の未来

いつ迄続くか分からないけど、毎日日記と絵を書いてみようと思った。
日記は日々の出来事を残しておこうと思ったのだけど、日々はただいつもと同じように時間が流れるだけ。
毎日これといった事が起きる訳でもなく、それでもいつか心ときめく日がきて、それを書き留める日がくると思っている。

今日はトウモロコシを買ってきた。茹でようと思い皮を剥いていると芋虫が何匹がニョキニョキ出てきた。
私は小さな悲鳴をあげながら水で流したら芋虫は負けずにシンクにしがみついている。
必死にしがみついている芋虫を見ていたらこの芋虫にだっていつか心ときめく日がくると信じてこうやって力を振り絞りしがみついているのに、なのに私はそれを阻止する事なんてできないと思い、又小さな悲鳴をあげながらティッシュでそっと芋虫をつかみ、外に逃がした。
外は生存競争が厳しい。
鳥に食べられてしまうかもしれない。それでも人間の手で殺されるより、最後に見るのは卑しい私の顔よりも、このどんより曇り空の方がまだましだろう。
頑張って生き伸びてねと心の中でつぶやいた。

posted by kyoko at 23:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

ここから先はリアル

今迄、絵を描いている友達で映画も観ない、小説も読まないという人に何人かあった事がある。
特に映画を観ないというのは、まさか全く観ない人がいるとは!と、ちょっとした衝撃だった。
理由はそれぞれちゃんとあって共通しているのは「本当ではないから」。
一人の子は「演技がダメで、演技していると分かるとさめるし見ていられない」
もう一人は「でもドキュメンタリー映画は好き」と言う。
この映画をみない人生を選んだ人は多分何本かは過去に映画を観たと思うが、その映画がもの凄くつまらなくて自分にあわなかったのだろうか?
私なんて人の創作物に溺れて生きてきた人生で、生きる事の一部ははそういう事と思っている。

ここ最近みた映画では「そこのみにて光輝く」が本当に素晴らしかった。
底辺で生きる人の映画で「うっ、、、お願いだから幸せになって」と強く願いながら観た。
映画は海岸の夕日のシーンで終わる。私にはそれが希望に思えた。

その映画館は地下にあるので見終わって階段を昇り地上に出た瞬間、現実の街の声、眩しい太陽の光が容赦なく入ってくるのだけど、心はまだその映画の中に浸っていいるので、ただ地上に上るのではなく底辺から少し地上に出れたような感じになる。
目の前には昔私がバイトしていたお店の曲がり角がある事に気付き、あの頃の過去の自分が鮮明に蘇ってくる。
それはまるで映画とつながっているようでもあり、私なりに生き方にもがいていた時期だからあの頃の言いようの無い心が蘇ってザワザワしてくる。

映画を見終わると、私の心の中ではそれは物語ではなくなってリアルになる。
映画を観るってそういう事って思う。
それは本当ではない物語だけど、見終わった瞬間の心の中は本当で、観る前には確実に無かったものなのです。
一つ映画を観ると一つ心に今迄無かった何かが生まれる。本当ではない事から本当の何かが。
その何かは形も色も人それぞれ違うけど、それはリアルだよという事を映画を観ない友達に伝えたいと思った。
posted by kyoko at 14:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

天国Twitter

記憶力が悪いのは今に始まった事ではない。
子供の頃から特に暗記というのは苦手だった。脳に欠陥があるのではと思う程、興味が無い事は全く覚えられない。
今はさらに酷くなり、人の顔や名前も、そしてこの前見た映画もドッと滝のように記憶が流れ落ちて行く。
そして思ったのは記憶が流れて行く先に池を作って記憶を貯めておく事はできないかしら?と。
その記憶の池をデジタル変換して記憶の池のコンピュータがあったらいいなと思う。
そのコンピューターに私が生まれてから死ぬ迄の記憶とか趣味や人格など全てインプットしておく。
そしていつでもアクセスして取り出す事ができる。嫌な記憶は速攻削除しておくことを忘れない。
そのコンピューターはいわば私自身。仮に私が死んでも私の人格をもったコンピュータは私が言いそうな事を言うし、昔の思い出を語ったりする。

死んでからの私のコンピュータは必要ないけれど、母親のコンピュータはあったらいいなと思う。
今でも時々母親と話したくなる。
特別マザコンというわけではない。むしろ親離れ、子離れしていた関係性だった。
上京して1年位は母からも電話はなければ私からも電話をかけたりもしなかった。
母親とは仲が悪いとか喧嘩しているという分けでもなかったけど、私にとってはそうしてくれる方がとても楽だった。
若い頃はそうやってあまり親と関係持たない事がなんだかカッコいいと思っていたのかもしれない。
そんな親不孝な事をして母親にはとても悪いなとずっと思っていた。
今更になって母親に聞きたい事や話したい事が沢山ある。

だからこの母親のコンピューターがあったらいいなと思う。
そのコンピュータで天国Twitterができるようになっていたら尚よい。
母からのつぶやきは「三途の川なう」とか「地獄ツアーなう」
閻魔さまとのツーショット写真がアップされている。地獄で笑顔でピースサインなんてイカしている。
この天国twitterで母親に聞きたい事は「母親の人生は幸せだったのだろうか?」
そしてもう一つ、子供の頃スナック菓子を食べている私に「そのお菓子の袋に鼻くそいれたからね」と言っていたけど、あれは本当なのか?
とにかくこの2つだけを聞きたい。
posted by kyoko at 14:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

ありのままって何ですか?

外から小学生の合唱が聞こえる。
ここ毎日「ありのままに〜」と今とても流行っている例の歌が聞こえてくる。
子供達は何にも考えないで歌っているけど、私は「君達はそんなに抑圧されているの?」とふと思ってしまう。
この映画を見た事無いし、何を意味して「ありのまま」って言っているのか分からないけど、仮に私がありのままに生きたらとんでもない事になってしまいますよ・・・と少し苦笑い気味に思う。
「ありのまま」とか「自分らしく」とか「自然体」という言葉は聞こえはいいけど、本当のところ私には良く分からない。
子供の頃から常に普通でありたいと思っていた。
人と同じように、思い考え行動する。それが孤独にならない事だと何となく思っていた。
でもその反面、中学生頃になると学校で流行っている皆が「良い」という物に同意しない自分もいた。
普通でありたい、浮いた存在になりたくないと思っているのに矛盾している。

孤独になりたくなければ、大多数と同じ考えでいるのが大切なんだ。
「ありのまま」になるには孤独に耐えられる精神が必要なのではと思う。
そして孤独である人はカッコいいとも思うのです。

「ありのまま」を推奨するならもっと世の中が変わらなくてはダメなような気がします。
まず最初に「友達100人つくるんだ」という歌を即刻廃止するべきです。
ありのままの自分を100人の人が受け入れてくれる訳ないのだから。

たかが子供達の歌声でそんな事を思ったので書き留めてみました。


posted by kyoko at 14:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

ビオラちゃんは勝手に咲くけど電車は止まる

胸に造花をつけたスーツ姿の女性と少しサイズが大きい学生服を着た人々が何かのプリントを読みながら歩いています。
入学式のこの時期桜並木の下でよく見る光景。
桜の花びらが渦を巻いてクルクル回っています。
子供達は道路に落ちた沢山の桜の花びらを手ですくい友達どうし頭から花びらをかけ合って笑っています。
私はそんな桜の渦をひらりひらりと上手い事交わしながら全速で自転車を漕ぎます。
能天気に染まったピンクの道路、確かにそれはとても奇麗だなって思うけど、この季節はもの凄く気分が落ちるのよ。
それを知っているからこんな光景から視線を外し、私の向かうべき場所に連れて行ってくれる電車に乗ります。
だけどここ最近の電車ときたら人身事故で何度も止まってばかりで、私の中の統計では桜の咲く時期には電車がやけに止まるという方式が出来てしまっております。
もう直にでも進みたいというのに思い通りに行かず何だかそれは今の自分のようです。
特にこの季節停滞している自分がもの凄く気になり嫌になる。
なんで嫌になるかって言うと、私自身がどんどん淀んで光り輝く事なんてこの先無い事が嫌という程分かっているから、新しい学生服着た人や、新入社員らしき人たちのキラキラ具合を見ていると自分とその人たちのコントラストがさらにさらにはっきりとしてもう本当に何だか分からないけどとっても焦ってしまうのです。
進みたいのに電車は止まる。
人身事故というけれど、もしかして自殺なのかしら?とふっと思った。
でももしそうだとしたら同じような事を思っている人は沢山いるんだ。もっともっと想像もできない位繊細で深刻な人々が。
人間考えている事はたいして変わらないってだんだん分かってきました。
自分が特別でも劣っているのではなくて、深刻度の程度はあるけれどこの季節落ち込む人は沢山いるんだ。
だから今真新しい制服だって数年後にはヨレヨレになってさらに数年後には私と同じような事思うのよ。


家のベランダのビオラちゃんは何にもしないのに毎年勝手に育って花を咲かせます。
それはそれは長い間、雪の日も風の日もいつでも満面の笑みのビオラちゃん。
今はもう大分元気が無くなってきたけどそれでも太陽の光を沢山浴びていつだって輝こうとしているから健気でたまらない。
だから私も色褪せてだれも振り向かなくても勝手に笑っているようなたくましいビオラちゃんを見習って、
、誰からも求められていなくても勝手にやり続ける、そんなビオラちゃんのようになりたいです。
posted by kyoko at 14:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

2013年、私の頭から消えなかった映画です。

ビックリするのが20年前に確かに見た映画を再び見た時その内容をほとんど覚えていない事。
確かに20年前に感動で心弾みドキドキしてたのに、そのドキドキの感覚だけを心に刻んで内容は殆ど覚えていない。
だから物忘れの激しい私は今後の人生、昔見た映画を見るだけでも良いのではと思ったりします。
なので昨年も新作はそれほど見ていないのだけど、記憶がポロポロとこぼれ落ちないように面白かった映画を書き留めておきます。

2013年心に留まった映画の中の10本

1位   ホーリーモーターズ
2位   私はロランス
3位   ロード・オブ・セイラム
4位   ムード・インディゴ うたかたの日々 ディレクターズカット版
5位   オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
6位   地獄でなぜ悪い
7位   キャビン・イン・ザ・ウッズ
8位   フラッシュバックメモリーズ 3D
9位   シュガーマン 奇跡に愛された男
10位  バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所

10本といいながらこの2本もとっても好きな映画でした。
クロニクル
クソすばらしいこの世界

「ホーリーモーターズ」は不思議で混乱する内容で3回見に行きました。
見れば見るほど不思議なんだけど、なんでだろう凄く引きつけられます。
私は映画を見る時なるべく憑依して見ます。
だから何度も何度も殺され血みどろになります。
この映画も色んな人に憑依して死んで生きて、それは俳優の一生でもあるようだけど、憑依して映画を見ている私たちの事のようだとも感じました。

本当に次々と忘れて行くので今年は絵を描いて書き留めて行くのが目標です。
今年も楽しみな映画が沢山あるのでまだまだ生きていようと思います。
posted by kyoko at 15:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

ギャラリーダズルの『いろはCarta』展に参加しております。

お知らせが遅くなりました。
ギャラリーダズルさんの「いろはCarta展」に参加しております。

「いろはCarta展」 イラストレーショングループ展
2014年01月07日(火)〜 2014年01月19日(日)
12:00〜19:00 (最終日17:00まで)

参加者などの詳細はこちらです
イラストレーター48名の「読み札」と「絵札」の面白くて見応えのある展示で年初めにとても楽しめると思います。
カルタも販売しております。
お近くに来たついでにお立ち寄り頂けたら嬉しいです。

私の読み札は「さ」でございます。
karuta1.jpg

karuta2.jpg

【自分のカルタについて一言】 
「人間だけにあるもの、それは秘め事(人間失格・太宰治)」
森は秘め事がいっぱいの人間を引き寄せます。私は
秘め事が溢れないように森を飼いなんとか保ってい
ます。隠しきれない人は森を飼う事を勧めます。
posted by kyoko at 22:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけましておめでとうございます

もう半月が過ぎようとしていると思うともうすでにぞっとしています。
年賀状もやっと出し終わりました。
一人一人時間の流れは違うのだから、人それぞれの時間の単位があったらいいな〜と思います。
そしたら私は心の中だけは永遠に歳を取らない17歳でいられそうです。
自意識過剰とかそういう面倒くさい部分はいらないけど、いろんな事を感じやすい部分だけは17歳でいたいと思います。なぜ17歳かというとなんだか響きがよいから。

年始に映画「かぐや姫」を見ました。内容はもうすでに知っているので絵だけを期待して見に行ったのだけど、内容もとても良くて、あの「かぐや姫」をこう解釈するのかと思うと年始にとてもよいのを見れて満足です。
「生きていると思い通りに行かない事や、叶わない願いの方が多いし、知らないうちに誰かを傷つけたり後悔ばかりで、嗚呼、こんな筈では無かったのにとか、ここではないどこかにいけたら違う人生があるかもって思ってしまうけど、それでもこの世で生きていたい。この世は素晴らしい。生きているだけで幸せ。」と私は解釈しました。
私も人を傷つけたり、後悔や、こんな筈ではなかったというのが沢山あります。
沢山ありすぎて今でも変わりたいと常に思っていますが、でも生きているだけで幸せって確かにそう思います。
でも「ここではないどこかにいけたら違う人生がある」とは思いません。
私という人格で生まれてきた以上こうなるしかないと思っています。
それは悲観的な意味ではなくて、あきらめの中にも「それはそれで楽しいよ」という気持ちです。
何の根拠もないけど、とにかくいつだって未来は光り輝いているって、そうにしか思えないのです。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年の年賀状です。
2014.jpg
posted by kyoko at 14:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

一瞬の中の永遠を凍らしたわ

「宇宙は永遠」それは私が子供の頃からの常識でした。
難しい宇宙の法則は分からないけど、永遠に膨張しているってそう聞いていました。
そして宇宙以外に永遠はあるのかしら?この地球上に永遠はあるのかしら?とずっと永遠を探すため私は旅をしていました。
そして数年前、旅につかれボロボロになったある日結局永遠なんてこの世には存在しないのではと思い始めました。
無いなら永遠なんて言葉は必要ないのではとも思い始めた矢先、永遠を見つけました。
永遠を見つけた瞬間、映画「気狂いピエロ」のラストシーン、そうあのランボーの詩、
「見つけた。何を。永遠を。海と溶け合う太陽を」
を思い浮かべました。

私が最初に永遠を見つけたのは音楽の中にでした。
大好きなバンドのライブを見に行った時、自由奔放な音の中にある純粋なものにこの上なく感動しました。
その時思ったのです。
「みつけた。永遠を」と。
一瞬、心がキューとなりました。この感覚は何と表現してよいのか分からないのだけど、兎に角この一瞬の中に永遠を見つけたのです。この時の一瞬の感動は永遠なんだ、キラキラとしていて絶対色褪せる事ないんだと。
永遠は一瞬の中にあるんだと。私はそう確信しました。
この一瞬の感動には人生をかえる程の衝撃が確実にあります。
幸せはそれに出逢うかどうかなのではないかって。
何で今迄気がつかなかったのだろう。多分世の中の皆は気がついていたのだと思うのだけど。
それまで私は人の心の中に永遠を見いだそうとしていました。
でも心は不確かで、自分でも自分の心をコントロール出来ず、うつろい変わる物なのです。

永遠は、映画の中にもありました。
最近の事だと、先日観た「ウォールフラワー」という映画の中にも永遠をみつけました。
高校生活の物語なのですが、映画の中で車を走らせDavid Bowie の Heroesの曲が始まると女の子が車の天井の窓から身を乗り出し腕をのばし車が疾走するシーンの中に永遠を見つけました。
そう思った直後、映画の中で「この瞬間こそ僕らは無限だ」とナレーションが入りました。
何だか映画とシンクロした気分になりました。

映画『汚れた血』にもDavid BowieのModern Loveで疾走するシーンがあります。
これも永遠を感じまくりました。
そしてラストの疾走のシーンも気が狂うほど永遠でした。

私はそんな生活の中の永遠を沢山あつめて凍らして、一瞬のキラキラをいつまでも眺めていたいです。
これはそんな思いで描いた絵です。

tumblr_mn11437m9y1s5yh15o1_1280.jpg
一瞬の中の永遠を凍らしたわ
posted by kyoko at 16:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

福井先生の本

私が絵を見てもらっているイラストレターの福井真一先生の本が出版されました。

楽しく描けるイラストのコツ27
512jldKzpVL._SL500_AA300_.jpg
アマゾンのページはこちらです


先生のイラスト教室での課題を中心に生徒さんの作例と先生のコメント等が載っています。
何よりも先生の課題はとても面白いです。
課題の絵を描いていると自分も知らない自分の中の物をグイグイと引き出してくれます。
先生の教室の生徒さんは自由な絵が多いです。そしてあまり似たような絵はありません。
それは凄いな〜と思います。

私の作品も数点載せてもらいました。




「絵を載せてくれ」と殆ど恐喝気味に先生に絵を送りつけました。
普段の活動もこの位の積極性と行動力が欲しいです。
そうです、私に一番足りないのは積極性と行動力です。
あと開き直りと無神経さです。
絵の課題もですが、人格の課題も沢山あって大変です。

もしご興味がありましたら是非ご覧になってみて下さい。
posted by kyoko at 21:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする