2012年10月17日

私だけに聞こえる。

突然雨音が聞こえてきたので洗濯物を取り込むため急いでベランダに出るも、雨はこれっぽちも降ってなくて道路も濡れていないので「なんだ空耳か〜」と思い部屋に戻り飲みかけの珈琲を飲み干して暫くしてもずっと雨音が聞こえてました。
深まり始めた秋の午後、
その日は確かに青空の洗濯日和でした。

さっきからずっとポツポツと一定のリズムで聞こえる雨音は一体いつ止むのかしら?。
もしかしたら、ライブに行くと一晩中耳鳴りがするみたいなものかもしれないから一晩寝たらきっと聞こえなくなるだろうと気楽に思ってました。
ところが翌朝になっても雨音が聞こえている、外に出てどんなに目を凝らして青空を仰ぎ見てもやはり雨なんかこれっぽちも降ってなくて、耳の穴に指を入れてかきましてみても、耳栓をしてみても、トントンと軽く頭を叩いてもずっとずっとポツポツと雨音が聞こえてくるのです。

それでも二、三日したら聞こえなくなるだろうという変な確信で放っておく事にしました。
だけども三日が経っても相変わらず雨音は聞こえている、そしたら一週間位したらきっと聞こえなくなるさ、一週間たったら一ヶ月したらと思っているうちに、もう私は雨音が聞こえてくるのも殆ど気にならなくなってそれが私にとって普通な状態になり、時にはその音が心地よくも感じるようになりました。

もうそれからは雨音が友達のような存在になってきて、
一人道を歩いている時はその雨音のリズムに合せて歩いてみたり、
雨音に詩をつけて歌ってみたり、
雨音のリズムや音色にも色々あって、トタン屋根の雨音、土の地面の雨音、草むらの中の雨音、海の中に溶けもむ雨音と頭の中には沢山の景色が現れてくるのです。
とっても強い雨音の日は外界の音は一切聞こえてこなくなるので、ずっと一人で集中して考え事をするのには丁度よくて、もう亡くなった両親の事を、友達の事を、森の中に住んでいる生き物の事を考えたりと、とにかくこの雨音が聞こえるようになってから一人で色んな景色を映し出したり、考え事をする時間が増えるようになりました。

そんなある日、もっともっとようく耳を澄まして聞いていると雨音の中に誰かの足音が微かに聞こえてきました。
それは慎重な丁寧な足音だったり、時にはバシャバシャと水が跳ねる程乱暴な足音だったりして、その足音は確かにだんだんと私の方に近づいてくるのです。
きっと誰か素敵な人が訪ねてくるのに違いないと私はワクワクしながら待っていました。
何か良い事が起きる予感、幸せがやってくる予感、そんな予感を感じながら毎日を過ごすようになると現実世界で多少落ち込む事があっても
「今でも足音が近づいてきてる。きっといつかいい事あるんだ」と思うようになって気落ちする事がなくなり私は毎日を幸せに過ごす事が出来るようになりました。
永遠にその足音の主を分からないだろうと分かっていても、きっと一晩寝たら、明日になったら素敵な事が起きると思いながら過ごすようになりました。

前にもこのブログに書きましたが子供の頃、雨の日はずーと耳を澄まして雨音の中から聞こえる足音を聞いて誰かが迎えにくるのではとドキドキしながら待っていました。
それは本当に雨が降っている日に聞こえる足音で、今のように常に私だけに雨音が聞こえたわけではありません。



「私の背中にいつも人がついているのよ」と生前母親が突然言い出した事があります。
それ以降ちょっとした予知が出来るんだといいはるのですが、私はその時は「何言っているんだろう?」と半信半疑でした。
だけどもしかしたら私のこの常に聞こえる雨音は、この母親の言う「背後の人」と同じような事なのかもしれない、と思うようになりました。
今となってはもう聞けないけど母親の言う「背後の人」の事を信じて、もっと詳しく聞いておけばよかったと後悔してやみません。


私にとってはそんなに悪い事でもないので、
取りあえずしばらくはこの雨音を楽しみながら生きて行こうと思います。




posted by kyoko at 21:34| 半分妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

人間カレー汁製造機

ここ数週間毎日カレーを食べています。
それはもう殆ど病気で酷いときは炎天下の中、カレーカレーとブツブツ呟きながら彷徨っているくらいに私のお口は常にカレーを求めています。
さらに三田超人さんの「カレー三昧」という曲が脳内リピートで、サイケデリックなサウンドが余計に私のお口をカレー地獄にするのです。
心当たりはあるわ。それは2週間前初めて行った福生での事。
福生で30年以上も続いているというロックフェスティバルに私が尊敬してやまないお方が出るのでいそいそと見に行っのです。
そこには露店も出ていて私は怪しげな外国人からカレー味のケバブサンドを買って食べたの。それは想像以上に美味しくてぺろりと頂いたわ。
どうやらこのケバブサンドのスパイスは麻薬的な作用があるみたいで、それからというもの常にカレーの事ばかり考えていて、一日に3回食べる時もしょちゅうで。
カレーのないお店に入ればマスターに「お願いだよ、どうかカレーを!」と懇願する程になってこれは良くないと思い家に帰りカレーをお鍋一杯作り、ナンもコネコネこねて焼いて毎日食べるようにしたの。
そして今朝、いつものように汗だくで目が覚めて、何の気無しにペロンと鼻の頭を舐めたら汗からほんのりカレー味がするでは!
それからというもの私は常にペロペロと鼻の頭を舐めているので、お陰でカレー地獄のお口は満足しているようで、禁断症状も出なくなったの。
そう私はとうとう夢の人間カレー汁製造機になれたのです!
そして今日あの「奇人の会」の招待の手紙が来たのです!

皆さん、私とあったらペロンと私の鼻の頭を舐めて下さいね。
posted by kyoko at 23:28| 半分妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

空から言葉が降りて来たので拾い集めた自己満的文章です。

M的妄想前世

家から駅までの銀杏並木の一本道。セミの鳴き声を片耳に、風一つ吹かない頭上の青すぎる青に目を背けながらただひたすら歩く歩く。
乳房の下を流れる汗の間際らしさにどうにか耐えながら三つ目の信号で立ち止まる。その時、足下の地面が湾曲して身体が地球にぐわっと吸い込まれる感覚に襲われ、そして確かに感じた僅か1ミリの刺すような冷気。
それは鋭い線で私の頭を突き刺し、私の脳裏に、ある映像と凍り付くような寒さと孤独を注入して貫通していった。

私の脳裏にめくるめく蘇る懐かしくて冷たい記憶。
私は二畳程の部屋で膝を抱え、この部屋に一つだけある窓の外の景色をずっと凝視していた。
窓は横30センチ縦20センチくらいの大きさで、この部屋で私が見る動く物といったらこの四角い窓の外の景色だけ。
この日の午前二時の約A4サイズの窓から見える景色は黒い闇の中にただただ白い点々が上から斜めに落ちてくるだけで、たまにその白い点々の角度が変わるだけの景色を私はまるでテレビを見るような感覚で只ひたすら見入っていた。

この部屋に私はもう10年近くはいる。どうして、なんの為に此処に閉じ込められているのかは分からないが、ただただこの小さな小窓スクリーンで映像が変わるのをずっと見ているだけ。
やがて数時間が過ぎて鳥の鳴き声が聞こえてくると窓から弱々しく、微かな光がさして来る。私は唯一この光だけに微かな希望を見いだし、胸躍らせ、自由に飛び回る鳥達に自分の姿を重ねて「自由になりたい」と心の中で何度も叫ぶ。
そして立ち上がり、窓の外に永遠に続く真っ白だらけの世界を見た。
そのうち私は、このA4サイズ位のスクリーンに映す映像を自分の中でも創りだすようになる。
それは目を瞑って頭の中にこのスクリーンを貼付け妄想をそこに映し出す。

さっき妄想していた映像は、家から駅までの銀杏並木の一本道。セミの鳴き声を片耳に、風一つ吹かない頭上の青すぎる青に目を背けながらただひたすら歩く歩く。乳房の下を流れる汗の間際らしさにどうにか耐えながら三つ目の信号で立ち止まる。足下の地面が湾曲して身体が地球にぐわっと吸い込まれる感覚に襲われ、そして確かに感じた僅か1ミリの刺すような冷気。
それは鋭い線で私の頭に突き刺し、私の脳裏に、ある映像と凍り付くような寒さと孤独を注入して貫通していった。

私の脳裏にめくるめく蘇る懐かしくて冷たい記憶。
私は二畳程の部屋で膝を抱え・・・・
そしてやがて朝がやってきて。私はこの弱々しい光に微かな希望を見いだし自由になりたいと心の中で何度も叫び・・・・
そして夜が来て又頭の中にこの小窓をスクリーンを貼付け、妄想を映し出す。映すのだけどこの映像は必ず3つ目の信号の所で例の出来事が繰り返し繰り返しで、

無限にただただクルクル回っている現世と妄想前世の世界。いったいどちらが現実なのか、その栄え目が分からず断ち切る事が出来ずクルクルと今も私は孤独の二畳の部屋と真夏の家から駅までの一本道を繰り返し回っている。
posted by kyoko at 23:25| 半分妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

脳内ガールズトーク

伊勢丹に6時半に友達と待ち合わせ。早く来すぎたので入り口の椅子に座り人々のファッションをぼんやりと眺めながら、小綺麗な老女の会話になんとなく耳を傾ける。
「主人がね耳をかじるのよ。イタイイタイと言っても止めてくれないの。」
「あら奥様それは大変ね。でもご主人はもう大分前に亡くなったのでは?」
「そうなの。死んでも毎晩私の耳をかじりに夜中に出てくるの。もう私10年もずっとかじられているのよ。だからねほら見て右側の耳がちぎれて無くなってしまったのよ。
だから右耳が聞こえなくなってしまったのよ。」
「あら本当だわ。でも耳が無くなったらもうかじられる事がないから安心ね。」
「それがね昨晩は左耳をかじりにきたの。でも私止めないのよ。」
「奥さんそれは止めてもらった方が良くてよ。左耳がちぎれてしまったら左耳も聞こえなくなってしまうわよ。」
「私はそれでもいいと思っているのよ。主人の声が聞けなくなった時から世の中の音は全て無意味になったのよ。主人とは心でずっと話せるから別にいいのよ。」
「それでは左耳がちぎれたらご主人は今度は何処をかじるのかしら?」
「唇だと思うわ。主人は私の唇が可愛いっていつも言っていたのよ」

とそこで友達のIちゃんが来たのでその場を後にした。

パティスミスの映画を見た。
パティスミスは攻撃的な詩をうたい、60才を過ぎた今は口ひげが似合うオヤジみたいな外見なのに、実際の本人は気さくで女性的な人だった。
もっと小難しい人だと思ったが本当に飾らない自然な人だった。
「ブッシュを糾弾せよ」とうたっているのを見て鳥肌がたった。

Iちゃんが「自然な人ってどういう事なんだろう?」と言った。
「自然な人って変わらない人だと思う」と答えた。
どんな時代でもどんな環境でも、どんな人といても変わらない物を持っている事と言う事で一致した。



posted by kyoko at 01:43| 半分妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

隣の人の主張

隣の人が邪魔だと言う。
何がと聞くととにかく邪魔だと言うばかり。
私は玄関に何か置いてあるのかと思い見たがなにも無い。
特にとなりに迷惑をかけるような事はしていないはず。
それとも自分で気付かない内に何か迷惑をかけていたのだろうか?
あれから毎日のように朝8時になると隣の人がとにかく邪魔なんだと言いにくる。
もうこうなれば迷惑なのはこっちの方だ。
「いい加減にしてくれ。一体何が邪魔なんだ!」と訪ねると
隣の人はぽつりと「眉毛」と答える。
えっ眉毛。
私は暫く悩んだ。
このまま毎日朝8時に来られるのも迷惑だ。
ならば邪魔だという物をとってしまえと思いカミソリで両方の眉毛をそり落とした。
剃っているうちに「空手バカ一代」のマス大山を思い出した。
マス大山は山ごもりでの修行で人恋しくなり下の街に降りないように眉毛をそり落としてわざと滑稽な顔にしたのだ。
でも私はなんの修行もしていないのにと思ったが。
これもご近所付き合いのためと思いそり落とした。
さて次の日、隣の人は来なかった。
その次の日も来なかった。
本当に眉毛が邪魔だったようだ。
これで私の平穏な日常がたもたれたわけだけど此処に住んでいる以上眉毛ははやせられない。
まー大して必要でないからよいのだけど。
マス大山というよりも、宇野亜喜良スタイルと言う事でそう言い張ろうということにした。

posted by kyoko at 13:40| 半分妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

影踏み

目覚ましが何回も鳴ったけど起きられず、目が覚めたのは夕方5時だった。
最近は朝小鳥の鳴き声と共に眠りにつく。もう限界と思うまで起きている。
寝ている間物凄い空腹で何回も目が覚め、起きたらナポリタンでも作って食べようと考えながら寝ているが実際起きたら面倒になり冷蔵庫の前の床にペタリとお尻をつけ直ぐに食べれるような物を探したがアイスしかないので仕方なくチョコのアイスを食べる。
直ぐ近所のスーパーは毎日アイスが4割引きなのでまとめ買いをしている。
このスーパーのお客の8割はお年寄りなので冬の間はあまり込まないが春になると虫が湧くようにお年寄りが湧いてくる。逆に店員はみんな若い。大学生のバイトが殆どでレジにはちょとカッコいい若者が立っている。
もし私がこの店でパートしたらこの若者は私に優しくしてくれるかしらなどと妄想するが途中で止める。
やばいもうすぐ夕方6時だ。銀行でお金をおろさなければ手数料をとられると思い慌てて駅前のATMに行く。
いつもこのATMは込んでいて列が出来ているのだけど今日は誰もいない。
ラッキーと思い急いで2台あるうち奥の方の機械にカードを入れると隣の誰もいないはずの機械から「このカードは現在使えません。」などと声が聞こえて来る。
私は「えっ」と思い隣を見たがやはり人はいない。
と直ぐにおばさんが入ってきて隣のATMをピッピッピッと操作しているのだが「番号が違います」と言われ、おばさんは首をかしげながら操作している。
そうこうしているとおばさんは上手くお金をおろせたみたいだが、誰もいないのにバタンとATMのドアが閉じる音が。ドアの外を見ると黒い影だけが小走りに外の道路を走って行く。
何気ない普通の日の夕方に透明人間が出てきたのだろうか?
でも透明人間には陰が出来るのだろうか?
それとも今月のムーに載っていたシャドーピープル?
でもシャドーピープルが出るときは焦げ臭い匂いがするらしいし、身体自体が影なのだ。
私が見たのは地面の影だけなのだ。
持ち主と離ればなれになってしまった影。
子供の頃よく遊んだ影踏みを思い出した。
影踏みで持ち主と離ればなれになって何十年ひとりぼっちで生きてきた影なのだろうか?
持ち主は新しい影を探して生きているのかしらと私の影をふと見た。
もしかしたらこの影もいつか離ればなれになってしまうかもしれないから人に踏まれないように気をつけなければいけないと思い家に帰った。

posted by kyoko at 02:45| 半分妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

化け猫親父

国分寺の片隅のとある飲み屋さんに行った。
店内は薄暗くフォークがかかっている雰囲気いいお店。
私はお腹がすいたのでカレーを食べていると隣で一人男性が瓶ビールをひたすら飲み、タバコを吸っている。大体40代半ば位の男性は横分けのフサフサの頭髪で、見た所そんなには酔っぱらってはいない様子で一人普通に飲んでいた。
暫くすると男性の方から「ほんややらや〜」という字にもならない声が聞こえてきた。
「何だ」と思ったがあまり見るのも失礼なので気にせずカレーを食べていたが、その声が何度も何度も聞こえてくるので視線を声のする男性の方に移すと、男性はさっき店に入った時はちゃんとしていたのだが、シャツのボタンはお腹のあたりまで外し、胸をはだけさせ、頭はどうやらカツラらしく少しズレているではないか。
だんだんと顔と胸元は赤くなり、さらに又ビールを頼み「ほやんらっら〜」と喉をならすような声をならしている。
見てはいけないと思ったのだけど、又例の喉をならすような声が頻繁にするので視線をはじによせてみると男性はさっきよりは身体が小さくなったようでカツラが頭の上でゆらゆらと揺れている。
面白くなり笑いそうだったが失礼なので笑いをこらえカレーを食べる事に集中する。
しばらくすると又「ほやんららら〜〜」と喉をならすような声が。
気になって又見ると親父はさらに小さくなりなんとカツラで顔が見えなくなっている。
このまま最後まで見届けたかったけど時間も無かったので帰る事にする。

奴は多分化け猫だ。
人間に化けて一人ビールを飲んでいたが、だんだんと酔いが周り化けている事を忘れ化けの皮がはげてしまったのに違いない。
あれから猫を見つけては「ほんんややああら〜」と泣くか見張っている。
まだ化け猫親父は見つかっていない。

posted by kyoko at 01:29| 半分妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

気になる宇宙人の音

今週、来週と知り合いの展示が立て続けにある。
本当は今日初日だったので行きたかったが仕事が思いのほか行き詰まり行けず。
時間がたりない。時間がたつのが早すぎる。明らかに時間がどこかで間引きされている。と思ったらやっと原因が分かった。
どうやら宇宙人は地球の時間が大好物のようだ。世界中の時間の中で私の時間は特に宇宙人の好きな味らしく、だから私の時間を食べてしまったのだ。
だからここ数年私にだけ時間が足りない。どう数えても足りない。

この家に引っ越してきてから数週間目のある日、夜中に外から「ボーンボーンボーンボーン」と低い音がする事に気付いた。耳を澄ませば聞こえるくらいの音だったが、だんだん大きくなり、その音は確かに存在していて確かに街中に響いている音なのだが。
だけどその音には誰も気づいていなさそうで朝昼晩と外を見張っているが、道行く人は平然と歩いている。
ひょっとして私だけが聞こえる音なのかしら?
私だけが聞こえる宇宙人からのメッセージ?
それとも家の近くにあるマンモス団地は本当は何かの基地で夜中に巨大ロボットを造っているのか?と本気で友達に話したら「小学生と話しているみたいだ」と言われた。
いや私はマジなんだけど。
こんな話は大人になったらあまり人に言ってはいけないよと言われた。

電車の中で、もの凄く先が尖ったヒールを履いた色っぽいOLを発見。
その不自然なほど尖ったヒールを履くにはきっと意味があるはず。
パラソルチョコを尖った先にしまっておくとか、本当はそこから小型ミサイルが発射するとかずっとずっと永遠に考えていたらあっというまに時は過ぎて行く。

そうあっというまにくだらない事を書きながら、このブログも5年目に突入。
5年の間に色々あったようで何にもなかったようで。私のオッパイも多少引力に逆らえなくなり下の方へ、反対に両親はずっと上の天国に行き、友達には「いつまでたっても非常識だ」と怒られ、私は人格的におかしいのかと自問自答しそんな繰り返しの毎日で。
初めた頃は誰にも言わず、ひっそりと書いていたが最近何人かに「ブログ読んでいるよ」と言われるようになった。
それもなんだか恥ずかしいことなので、なるべく私だと思わず読んで欲しいような。
ブログを書かなくても気が向けばノートに何かしら文字を書いていたので、それをちょっと抜粋して公開しているような物なので何だか恥ずかしいのだ。
なので、人が読もうと読まなくても関係無しで下らない事も、心の闇も妄想も変わらずこれから書いていこうと思う。





posted by kyoko at 01:13| 半分妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする