2007年07月30日

最近の事

TUTAYAで「水中それは苦しい」のCDを借りてみた。
CD屋に行くたびに前から気にはなっていたのだけど、レンタルだったらどんなものかしらと思ったときに借りるにはよいので。
それで聴いてみて最初の感想は「きわもの」感もあり「猫ひろし」に通じるものもある。
誤解されるかもしれないけど私にとって"つぼ”の「きわもの」だ。
なんてめちゃくちゃなんだろうと思いきや、シュールで理解不可能な詩は病み付きになりそうなヤバい予感がする。
それでCD購入するのはどうだろうか?と少し悩む。
私が20歳前後だったら即買っていると思うしライブにも行っていると思うが。
でもそんなCDを買うくらい余裕というか寛大さがあるのもいいかもと思ったり。(お金の余裕ではなくて)
そんな時はたまったポイントカードで買うのもよいかもね。

posted by kyoko at 03:01| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

春の感覚に襲われる

一歩外に出ると何だか分からないけどワクワクしたり、ちょっと不安になるのは春のせい。
もう今では遠い昔の事だけど、卒業とか入学とか新学年とか新しい環境にいく時期だから多分その感覚がもうすっかり大人になった今でもずっと身体に染み付いているのかしらと思うと春の感覚って凄いなって思う。
電車の中で初々しいスーツ姿の新入社員も良く見かけるようになって、夢や希望があるかどうかは分からないけど、私にはそういうの無縁だったから、なんかみんな同じ格好てのが可笑しい。


先日テレビで耳にした名前「鈴木ヒロミツ」って凄い久しぶりに聞くなって思ったら、鈴木ヒロミツさんが亡くなったというニュースだった。
私が子供の頃結構テレビに出てて、ポテトチップスのCMにも出てた記憶があるけど、元々はモップスっていうバンドのヴォーカルの方。
といってもモップスは大人になりGSに興味を持ち始めた頃聞いたくらい。
日本で最初のサイケデリックのグループで、ホリプロの社長から当時流行っていたジェファーソン・エアプレインを聴かされカヴァーさせたそうだ。
私が持っている「サイケデリック・サウンズ・イン・ジャパン」ていうCDではジェファーソン・エアプレインやドアーズの曲もカヴァーしている。
せめての追悼に今日は朝から聴いてみることにしようと思う。

mops.jpg
田名網さんデザインのジャケットがイカしている。
posted by kyoko at 07:05| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

狂春

朝から風が強い。
春の嵐。毎年思う、春は狂っていると。
そのうち桜が咲いて、広い範囲でピンクと、うねうねとした木の枝と、空の青が変な模様の景色になる。
ストリートスライダースの「風が強い日」がふと頭の中をよぎった。

今日は朝からMICHEL POLNAREFF〜MANFRED MANN聴いてたけど
だけど気が変わって、何故だか久しぶりにthe slitsを聴くことにした。
slitsは凄く好きで、オッパイ出したジャケットは今見てもドキっとする。
slits.jpg

今週は珍しく忙しく、確定申告をして、免許の更新をして、仕事の打ち合わせに行って、その帰りにイラストレーションのチョイス展に行って。
久しぶりに出かけると、ストーブを消したっけと心配になる。
でも又家に戻る時間がないからそのまま出かけるのだけど、電車の中で、ストーブから火が出て、アパートが火事になって全焼してしまい、私は何千万の借金をして仕方なく風俗で働くんだと想像していたけど、しばらくすると、すっかりそんな事は忘れて、用事を終えて家の近くまで来てその事を思い出し、アパートは無事だったのでほっとする。
よくそんな想像をする。
タバコをすってた頃は、公園でタバコのポイ捨てをして、そのタバコから落ち葉に火がついて、公園が火事になって、子供が火傷をする。
普段そんなどうでもよい想像をする。
結構みんなそんな想像すると思う。多分。
posted by kyoko at 11:30| Comment(2) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

私の素敵な熱病さん

何となく最初使ってた画像に戻してみた。

今日は朝からお腹がだるい。
月初め私は悪魔のように意地悪い女になる。
そうー玉姫様がやってくるから。
普段はあまり気にならない部屋が異常に気になって片付けをしたくなる。
外に出かけてても、その部屋の散らかりが気になって、気になってしょうがなくなる。
女が持っていると言われる繊細さやヒステリックや気分屋が私の中にも現れてなんだか嬉しくなる。

何となく、ブリジット・フォンテーヌのCDをかけてみたら何だか今日の気分にぴったりだった。
このアルバムは聴きやすいのだけど、ジャケットがイカレ気味。
何となく歌詞カードを見たらなんとも不思議で素敵なな詩で今の気分にぴったりだ。

あーあ、私の素敵な熱病さん
私を三途の河原に連れて行って
セーヴル街にはうんざり
そこでは老人たちが
静かに静かに死んでいる
無関心と倦怠のなかで
まるで生きてなかったように
どうせ銃殺されるなら
ベストに罹った方がいい
♪素敵ながん〜より
B00.jpg
posted by kyoko at 09:16| Comment(1) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

こうしているうちにも脳細胞は死んでいるのね

今日は仕事を頂いている会社にちょっと行ってきました。
ずっと家にいるから、いつもだらしない格好なので今日はちゃんと髪も整えシャワーも浴び出向きました。
電車の中で妄想にふけり、妄想の中の主人公を殺してしまい思わず涙が出そうになりました。
私っていったい何をしているのかしら?とふとわれにかえりました。
家に帰っても集中力がなく仕事をする気がおきません。
とりあえず何か音楽を聴こうと思い久しぶりにTheFoolを聴いてます。
ますますやる気がなくなりました。

B0009V6FN6.01.LZZZZZZZ.jpg

今日行った会社は能力開発の会社です。といっても別に怪しくありません。
そういえば昔母親が「私は予知能力があるの」だとか「私の後ろにいつも人がくっついているの」だとか言ってました。
その時は何言っているの?って信じなかったけど、確かに母には何か見えているようでした。
人間の脳は97%が使われてないといいますが、本当にもったいない事です。
昨日のテレビで「いつかは必ず死ぬという事を認識しているのは人間だけ」とある科学者が言ってました。
脳が発達して「死」という事を知ってしまったため人間はその不安から逃れるため「宗教」や「死後の世界」だとか「霊魂」だとかつくり出しているそうです。
人間の脳は本当に神秘です。
posted by kyoko at 20:23| Comment(6) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする