2007年08月03日

残酷な夢を見た

私の心が病んでいるのか、夢は現実世界の私では想像が付かない残酷な発想をしてくれる。
夕べの夢の中で、私はあるアルバイトをする事になる。
「単純作業を何時間もするのだけど大丈夫か」とアルバイト先の人に言われ、私は「単純作業は嫌いだけどやってみます」と答えると、「お試し期間を設けるので少しやってみなさい」という事でアルバイトを始める事にした。
たしか時給は結構よかったと思う。
アルバイト先は広い工場のような所で椅子に座って行う。
そこはカツラを作る工場なのだけど、そのカツラの髪の毛というのは4歳児の子供の髪の毛でなくてはだめだという。
私の仕事は子供の頭を抱え(確かその子供は頭しかなかった)1本ずつ抜いていくという仕事。
子供は生きていて喋ったりする。
私が受け持った子供は男の子で髪の毛はふさふさと生えていて悲しそうな顔をしている。
私は可哀想でこんなことは出来ないと言うと隣にいた同じアルバイトの子が「やってみないうちに何言っているんだ。この子供たちはもうなれっこなんで大丈夫だ。すぐあきらめるなんて良くない」ともの凄く怒られたので、しぶしぶやる事にする。
最初子供が可哀想で私は「ごめんね、ごめんね」と子供にいいながら1本づつ髪の毛を抜く。
でもどうしても可哀想になりバイト先の人に「髪の毛を抜くのではなくて切るので良いのでは」と言うと「切ってしまうと髪の毛が死んでしまう。根っこから抜かなければ駄目だ」と言われる。
しょうがなく又私は髪の毛を抜く。
抜いているうちに子供と話をして少しづつ仲良くなる。
そうしているうちに子供の頭は殆ど髪の毛がなくなってしまって終わり。
子供は又髪の毛が伸びるまでまって抜かれるという。
私はその日でアルバイトを辞める事にしてホッとする。
そこで夢は終わり。

ある本で読んだのだけど、
「今まで見てきた記憶の断片を脳の中から引き出してきて夢を作り上げる」
だそうだ。
そうやって脳は寝ている間に情報を整理しているという。
だから夢は記憶のコラージュみたいな物かしら。
断片的な記憶を適当につなぎ合わせているからこんなシュールな夢を見るという事なのだ。
だから本当はもっともっと夢を見ているのだろうけど、いちいち覚えていたら現実との区別がつかなくなるので夢は殆ど覚えていないそうだ。
それにしても今回の夢は「子供」「髪の毛を抜く」「アルバイト」という記憶を引き出してよくもこんな残酷な物語を作ってくれたものだ。
目が覚めて少しだけ罪悪感がのこり、目覚めはめちゃくちゃどんよりした。



posted by kyoko at 03:26| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

悪夢

最近またもや辛い日々が続き。
というのも思った以上に仕事が忙しく、イコール夢でうなされるという事。
最近見た印象的な夢は、
私は何故が富士山の中腹あたりの山小屋に何人かの人といて、そこで見ていたテレビで、とある国が日本の象徴でもある富士山めがけて核爆弾を発射したとの臨時ニュースが流れる。助かる為には急いで富士山の頂上へ行かなければならないとの事。
私達は列になって無心になり頂上を目指す。
普段運動していない私は疲れて上れないのではと思ったが思いのほか疲れず上っていく。
最終的には頂上に無事たどりつき助かるのだけど、その間に人が死んだりと辛い事もある。
しばらく日本で富士山に核ミサイルが突き刺さっているという絵が流行る。
という夢。
目覚めた時はもの凄く怖かったという感情だけが心に残っていて、これは現実ではないんだと気付きホッとした。
納期に追われているからこんな夢を見るのか?
忙しいのにも関わらず食事をしながらホラー映画など見ているから精神的におかしくなったのかしら?
考えてみたら私はB級、C級映画や、いわゆるカルト映画と言うのばかり見てきたような気がする。
またもやその熱が復活してきてヤバい状態で、最近は昔のホラー映画にはまり、あまり時間がないので食事中に見るというありさま。
なんとも悪趣味だわと自分でも思う。
「自分の中で名作と思う映画って何?」という話をしていて、
相方は「未来世紀ブラジル」で、私は悩むが、凄く定番だけどホラーの名作「悪魔のいけにえ」という答えになった。
この映画友達に「好きそうな、面白い、き◯ちがい映画があるよ」と言われて見たのだけど、本当に素晴らしくて感動した。

絵と文章はなんの関係ありません。
ana_s.jpg

posted by kyoko at 10:30| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

私の夢っていったい・・・

昨夜ちょっとだけ官能的な夢を見た。
内容は恥ずかしいので内緒といいますか、お相手は沢山の女性だったんだ。友達でもない知らない子達。
女の子は好きだけど、まさか夢まで見るとは。
そしてそのちょっと前に見た夢は、私は病気で病院に運ばれているのだけどタモリが付きっきりでいてくれて、どうやらタモリが私の旦那さんだった。
イヤそこまではタモさん愛してはいないのだけど。

今日は名刺なんか作っちゃおうかしらと思いプリントアウトしたらどうもインクが詰まっているみたいで。ヘッドクリーニングやらいろいろやってもイエローだけ出ない。
これはヘッド交換かな〜と思い、その前に試しにヘッドをお湯で洗ってみようと思い、お湯でじゃぶじゃぶと流してみた。
そしたら何の事はない、ちゃんとインクが出たではありませんか。
かなりの荒技なので、きっとあまり良くないのだろうけど。

二人展まであと少し。
ここ数日はDMを置いてくれるギャラリーを探して歩き回ったり。
やっと落ち着いたので最後に1〜2枚描きたいから、今日はコーヒーのんで寝ないでいようと決める。
描いた絵を並べてみたら、何だかとっても濃い絵ばかりだ。
描き終ると自分で「フフッ」って笑っちゃうような絵なんだよ。
絵を描く時よく「友部正人」を聞いていた。
友部さんの詩ってとっても素敵で凄く面白い。

「僕は夜のスカートに首をしめられ
塩っからい涙ながしている」

「夜の天井から首をつきだし
明日はまだかと唄いかける」
などなど。
そういえば私小学生の頃、詩人になりたかったんだな。
posted by kyoko at 04:26| Comment(7) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

ちょっと不思議な出来事。

ゴールデンウィークはずっと実家の姪と甥の遊び相手。
子供は残酷だ。思った事や感情を脳と直結に表に出し平気で人を傷つける。
それを純粋というのかしら?
だけど嘘が全くない訳でもない。自分を正当化するために平気で嘘もつく。
純粋な子供は霊を見ると聞いた事がある。
実家でも不思議な出来事があったそうだ。
キッチンで私の兄の嫁と、その娘の小四の姪がもの凄い喧嘩をしてたら、隣の部屋で寝ていた3歳になる甥の声が聞こえてきた。
嫁が様子を見に行くと、その3歳になる息子が窓に向かい立って指をさし、「おばあちゃん、おばあちゃん」と言っていた。
おばあちゃん(私の母)はその3歳の子供が生まれる前に死んでいるので甥はあった事がなく、写真で見ただけ。
そんな事があり、喧嘩をするのをやめたそうだ。

それとは関係ないが、私がよく見る夢も不思議だ。
私は2人暮らしなのだが、よく見る夢では3人の設定だ。
私はいつも夢の中では、もう一人いるはずの人を待っていたり、3人分のご飯を作っている。
これは気のせいだと思うけど、実生活でももう一人誰かいるような気がする。

kodomonoe.jpg


posted by kyoko at 11:13| Comment(3) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

巻き爪には気をつけなさいね。

昨夜は足の親指がぼろぼろに崩れる夢を見た。
朝起きてしばらくして、死んだ母が私に言い残した言葉の一つ「死んだお祖母さんは巻き爪だったから、あなたも気をつけなさいよ〜」を思い出した。
といわれてもどう気を付けたらよいか分からないので別に気をつけなかったのだけど。
数年前気づいたら巻き爪になっていた。
一時ヒールの靴ばかりはいてたせいかもしれない。
爪がのびると親指が痛い。
寝ている時もちょっと気になっていたせいか、夢の中で爪を切っていたら親指が土が崩れるようにぼろぼろと崩れてしまった。
嫌な夢だな〜と思ったけど、直ぐに巻き爪のせいねと気づき安心して又寝る事が出来た。
posted by kyoko at 10:40| Comment(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

夢をよく見るので忘れないうちに

広い部屋に沢山の人がいて、私は沢山の人に怒られたり、責められている。
なんで責められているのか分からないけど、私は謝っている。
部屋のドアの所から男の人が覗いていてその人は皆に私を責めるのはやめるようにと言ってくれた。
その男の人は知らない人だけど、私より年下で私に好意があるようだ。
いつも私の見方で見守っている。
こんな夢をよく見る。設定は違うが周りは敵だらけだけど、年下の男の人だけが、私を見守っていて、私を救ってくれるという夢。
なんでこんな夢みたのだろう。

寝る前にすごっく久しぶりに石川次郎の「みいんなじろうちゃん」を読んだ。
昔このマンガを読んで、この作者の人柄が凄く好きになった。
ガロにのっていた漫画家さん。
最近はマンガはあまり読んでいないけど、昔は山野一や根本敬や丸尾末広やら読んで衝撃を受けたりしていた。
昔しりあった男の子にこれらの漫画を読ませたら気違い扱いされたことがある。
夢に出てきた男の人は何故だか、その男の子に似ていた。私はそいつは大嫌いなのだけどね。

私には変な予感があって、この男の人はきっと私の事を好きだろうなっていう思い込み。
うぬぼれに聞こえるけど、私は絶対に一般的な可愛らしいおねーちゃんを好む男性には相手にされず生きてきたから、長年の直感でしょうか。そんなのが養われてしまったのですよ。どうでも良い事ですが。。。
posted by kyoko at 18:04| Comment(2) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする