2015年05月19日

何度も同じ悲しみは嫌なのよ。

夕べ見た夢は母親と買い物に行ってとても楽しかったのに、その夜に母親が死んだと連絡が入る夢。
私はもの凄く悲しくて泣きながら目覚めたのだけど、窓から入る朝日が鋭く現実の矢となり突き刺してくれて、「あっそうだ。母親はもうとっくの昔に死んだんだ」と気付き、それでも夢の中で体験した悲しみは現実に一度体験しているから悲しみがリアルで、目覚めて暫く心の悲愴はどっしりと残っていて憂鬱になるわけです。
もう2度と同じ悲しみの体験は繰り返したくない、同じ夢は見たくはないわ。
今後これ以上の悲しみはあるのかしら?
などと思っていたらもうすぐ母親の命日なのです。
でもそうして思ったのです。
私が今迄生きてきて沢山の人と出逢ったけど、多分もう一生逢わない人の方が遥かに多いのです。
その逢わない人はこの地球上でちゃんと生きているとしても。
逢わないという事は同じで、違いは生きているが死んでいるかという事だけ。
その違いだけなのだから、人の死って私が死ぬ迄のしばしの別れなんだよね。

母は広い世界を見たかったから、念願だった放浪の旅にでて、たまに手紙でも書いてくれればよいのにそんな事も忘れるくらいきっとその旅は楽しいのでしょう。
私もいつの日か旅にでたいのだけど、まだまだ暫くはその準備ができそうになくて、
でもその旅は本当に一番の楽しみなんだ。
あの時私は、きっと直には逢えないだろうなと思っていたからそれほど驚きはしないよ。
posted by kyoko at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする