2014年01月22日

2013年、私の頭から消えなかった映画です。

ビックリするのが20年前に確かに見た映画を再び見た時その内容をほとんど覚えていない事。
確かに20年前に感動で心弾みドキドキしてたのに、そのドキドキの感覚だけを心に刻んで内容は殆ど覚えていない。
だから物忘れの激しい私は今後の人生、昔見た映画を見るだけでも良いのではと思ったりします。
なので昨年も新作はそれほど見ていないのだけど、記憶がポロポロとこぼれ落ちないように面白かった映画を書き留めておきます。

2013年心に留まった映画の中の10本

1位   ホーリーモーターズ
2位   私はロランス
3位   ロード・オブ・セイラム
4位   ムード・インディゴ うたかたの日々 ディレクターズカット版
5位   オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
6位   地獄でなぜ悪い
7位   キャビン・イン・ザ・ウッズ
8位   フラッシュバックメモリーズ 3D
9位   シュガーマン 奇跡に愛された男
10位  バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所

10本といいながらこの2本もとっても好きな映画でした。
クロニクル
クソすばらしいこの世界

「ホーリーモーターズ」は不思議で混乱する内容で3回見に行きました。
見れば見るほど不思議なんだけど、なんでだろう凄く引きつけられます。
私は映画を見る時なるべく憑依して見ます。
だから何度も何度も殺され血みどろになります。
この映画も色んな人に憑依して死んで生きて、それは俳優の一生でもあるようだけど、憑依して映画を見ている私たちの事のようだとも感じました。

本当に次々と忘れて行くので今年は絵を描いて書き留めて行くのが目標です。
今年も楽しみな映画が沢山あるのでまだまだ生きていようと思います。
posted by kyoko at 15:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする