2013年09月06日

最終回のお仕事の絵。

今回で終わりの別册文藝春秋『ナイルパーチの女子会』柚木麻子さん著の扉絵を描きました。
終わってしまうのは本当に寂しい小説でした。
女子同士の人間関係を上手く築く事ができない、その感覚が手に取るように良く分かる心にズンズン来る内容でした。

niru6.jpg



私も似たような経験はありました。
ついさっきまで仲が良かった友達が突然何の連絡もよこさず遠ざかってしまった事。
10代後半の頃、毎日のように遊んでいた友達Kちゃん。
好きなバンドのライブに一緒に行ったり、映画を見たりほぼ毎週会っていたほど濃密な日々でした。
私は本当に大好きな友達だったけど、ある日なんの前触れもなくその関係は断たれ赤の他人になりました。
私の方から電話したときKちゃんは「もう会わないし、遊ばない」と言いました。
私は訳けも分からず「理由を聞かせて欲しい。嫌な事したなら言って欲しいよ」と訪ねると
「理由というかもう遊ぶの辞めようと思った事は前から何度かあったよ。
彼氏にも遊ぶなって言われたんだよ」
私は「嫌いと思った事は私は一度も無かったよ。
でも嫌な思いをさせていたみたいでごめんなさい。
今まで遊んでくれて本当にありがとう。もう連絡しないね。」と言って電話を切りました。

そしてそれ以降どうやって友達関係を築いていったらよいか分からなくなりました。
これは今でも多少あるのですが人と深く関わるのが怖いというのもあります。

とは言っても続く人は続きます。「あんたむかつく」と言って喧嘩をしても次の日には笑って会話出来る人もいますし、その反対に私からフェードアウトした人もいます。

そして「来る物拒まず、去る者追わず。」が私のモットーになりました。
来るものを拒まなすぎてとんでもない人が来る事もありますが、それももの凄く楽しんでいます。
何事も押し付けない、私の事分かってちゃんにならない、そういうのってダサいって事が分かったらとても楽になりました。
ちょっとした距離感がある方がとても心地よいのです。
よく友達って「何でも相談出来る」とか「何でも分かってくれる」と言いますが、私の場合そうではなくて、もの凄く下らないこれ以上ない馬鹿で意味のない話を飽きもせず話せるというのが一番だと思います。
posted by kyoko at 20:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする