2013年04月11日

心地いい混乱

今年一番の楽しみはレオス・カラックス監督の映画「ホーリー・モーターズ」。
先日ユーロスペースにて見てきました。最近はこの映画館に足しげく通っています。
そしてこの映画は凄かったです!主人公の男が一晩にいくつかの人の人生を演じるという内容なのですが、
説明もなんにもなく乱暴に狂気的にずんずんと物語は進んでいくので、私は「どういう事?」と混乱していきます。でもこの混乱が私は大好きで心地よいのです。
混乱しながらも一人一人の役が謎めいていて、とても面白いので吸い込まれるように見入ってしまうのです。
初めは理解しよう、答えがあるかもと思って見てしまうけど、理解しようなんて思わずに感覚だけで捉え、思考を委ねる感じで見るとすいすいと泳ぐように見る事ができました。

私も常日頃色んな人の人生に憑依したいと思っているし、他人の事は理解しようとは思わずに妄想憑依しようとお心がけています。
それは時には現実逃避となってしまって自分の世界に着地する事ができなくなる事もあります。
こんな事ばかりを繰り返すと妄想憑依と現実の自分とどっちが虚構なのか分からなくなってしまい、混乱します。でもこれも心地よい混乱なのです。


同じく、レオス・カラックス監督の「汚れた血」という映画が何よりも大好きで、もう何度も見ているのだけどその度ドキドキして、発狂してラストには涙します。この映画の事を考えるだけで恋をしたかのように胸が高まり17歳の頃に戻れてしまうのです。
この映画のラストは本当にとっても素晴らしくて、私の見た映画の中でも一番ではないかとも思うのです。
posted by kyoko at 14:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする