2012年03月30日

パブロフの春

本当にあの砂壁が嫌でした。
所々にピカピカするのが入っているあの砂壁。
広さの割には家賃が安いからといって住み始めたあのボロアパート。
今のマンションに住む前に6年も住んでいて、地震で倒壊する恐れがあるから取り壊されたボロアパート。
あんな部屋でさえいざ引っ越しとなると、大嫌いだった砂壁ともうお別れと思うとちょっと寂しくもなりました。
最後部屋を出る時は一緒に住んでいた幽霊らしき何者かと砂壁にさよならとお礼を言い出て行きました。
次の引っ越し先はあのボロアパートに比べればとても綺麗な所なのに、何で名残惜しいのだろう。


それはまるで卒業のあの時の感覚にも似ているなとも思いました。
もう、本当にこの学生生活にも飽き飽きしていて、楽しい事なんかあまりなかったし勉強も嫌いだったから本当に早く卒業したかった。
早く自由になりたかった。そして未知の新しい世界に早く行きたかった。
でもなんでだろう、もう飽き飽きしていたあの通学路も校舎も学生生活もいざもう行かなくてすむかと思うと寂しさがジワリジワリと湧いてきて、愛おしくも思えてきます。
突然に今までの日常に終止符をうち、そして寂しさの次に襲ってくるのは新しい環境への不安と期待と得体のしれないドキドキ。
そのドキドキはいつのまにか日常に溶けこみ消え失せてしまうけど、何十年たった今でも春が近づく度に蘇ってきます。
今の私の環境は何一つ変わらないのだけどうっすらと蘇ります。
それは私の細胞に埋め込まれているかのよです。
鶯の鳴き声、梅の匂い、春まじりの風、それらが私の五感の隅々まで刺激して春のスイッチが入ります。
すると得体のしれないドキドキが襲ってくるのです。
それはまるでパブロフの犬のように、後天的に積み重なれた強烈な感覚。
そしてこの宙に浮いた行き場のないドキドキを抱えた心は春を彷徨います。
これを思うと、春に気狂いの人が出現するのも何だか分かるような気がします。
春に間違えて押された気狂いスイッチ。
それは誰もがそうなる可能性がある日本人の性なのかもしれません。


posted by kyoko at 14:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする