2012年03月04日

私はいつも変わりたいと思っている。

上京して初めて出来た友達と、初めて東京のクラブに行った時の事を今でも鮮明に覚えています。私は飲み物を頼むためカウンターの列に並んでいました。前には若い男性2人が並んでいて私はその2人の遣り取りに目が離せませんでした。
何故かと言うと、2人本当に仲良さそうに寄り添い手をつないでいたから。そして人目も気にせずさりげなくするっとキスをしていました。
タバコの煙が渦巻く怪しく薄暗い店内、ドンドンと心臓に響く音楽、それは映画の中に迷い込んだのではないかと思う程素敵な光景で私はドキドキしながらその2人の時間と瞬間を見ていました。
その仕草もしなやかでお洒落。ベレー帽に丸襟のチェックのシャツという出で立ちで、その時初めて「あ〜私、東京に来たんだ」と実感しました。

あれから20数年、先月私は誕生日を迎え、「教師生活25年」というお決まりの台詞のど根性がえるの町田先生の年に徐々に近づいていると思うと軽い目眩と焦燥感に襲われ、心はバタッとつんのめった気分でした。
何をそんなに焦っているのだろうかと考えました。
私は常に変わりたいと思います
その変わりたいという漠然とした思いで上京しました。
果たして上京して私は何か変わったのでしょうか?
あの頃一緒に遊んで、私とさほど変わりない生活していた友達もどんどん変わっています。
環境が変われば考えも少しずつ変わっていくようです。
一番の原因は家庭をもち、子供をもつという事です。

結婚はしたけど子供はいない私は相も変わらず、本当に相も変わらずで、
でも上京したあの日から変わった事は「絵」を描いている事です。
上京して10数年目でやっと念願の絵の学校セツに通いました。
そして絵を描き始めて今年で10年が絶ちます。
その意味では私の環境は大きく変わりました。
いつも変わりたいと思っているその気持ちは変わりませんが、その思いは漠然としたものではなくて、どうにかして絵で変わりたいと思っている私がいます。

外に出てもいつも何かアイディアを求めています。
何かネタとなるドキドキする瞬間を探しています。
それは初めて行ったクラブのあの二人の男性のキスを見た時のドキドキを自分の絵で感じたいと思うからです。

時がただただ無駄に過ぎているのではない、私の漠然とした変わりたいという気持ちは今はどうして変わりたいと思うか、理由がはっきりと胸にあります。
それは私の幸せな変化でもあります。

この先どうなるかは全く分かりません。
あの頃と変わらないのは目の前はいつももやもやの霧で、ただただ今だけをもがいているのは変わりません。
それでもこれから10年後何か変わっているか、10年後の私を見るのが恐ろしくもあり楽しみでもあります。


posted by kyoko at 02:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする