2011年10月13日

柿と鳥と鼠

秋になると実家の庭にある柿の木に沢山柿がなるので、長い竹の棒の先を縦に割ったもので柿もぎをする。
私はまだ小さかったので母親がその竹の棒で採った柿を拾う係り。
木に柿は沢山なってて、でも母親はそれを全部は採らず木の上のほうの柿は何個か残し「はい、もう終わり」と言う。「えっ、何で?まだ柿は残っているのに」と思い、何で柿を少し残しておくのかと母親に聞くと「これから冬になり鳥達の食べ物が無くなるから、鳥が冬を越せるように柿は何個か残しておくのよ。」と教えてくれた。
それは言い伝えみたいに、私の兄も、その嫁も今でも守っている。
こういう事は田舎では、自然と共存とまではいかないけど農家ではきっと当たり前の事なのかもしれない。
こうやって柿を鳥の為に残しておく事の言葉も確かあったのだけど忘れてしまった。

と此処まで書いていて、NHKの「ラジオ深夜便」で読まれるような、なんて事無い生活のちょっとした感動話みたいだなと思ったのだけど。。。

でも母は強しだから残酷の面もある。
冬になると実家の家に鼠が侵入してくる。
それを知った私は「怖いよ怖いよ」と泣いて夜も眠れなかった。
数日後、母親は「鼠は捕まえたからもう大丈夫だよ。」と言った。
私が「鼠、捕まえてどうしたの?何処かに逃がしたの?」
と聞くと「殺したよ」と言う。何でも袋に鼠を入れて叩いて殺したみたいだ。
私は怖かった。鼠、良くみると可愛い顔しているのに何でそんな事できるのだろう!酷いと泣いた。
私は「何で?可哀想だよ、何で殺したの!可哀想だよ!」と泣いたら「あんたが怖い怖い言うからでしょ!」と怒られた。
その時、母親を悪ものみたいに攻めたのは悪いな〜と後で反省はしたものの、鳥への優しい思いやりと相反する、哺乳類を殺す残虐性にちょっとビックリした。
いい話だけではないんだ。自然と共存するには裏と表がある。色んな物事は常に。

この時期スーパーに並ぶ形の良い柿を見る度にその事を思い出す。
posted by kyoko at 15:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする