2009年05月12日

影踏み

目覚ましが何回も鳴ったけど起きられず、目が覚めたのは夕方5時だった。
最近は朝小鳥の鳴き声と共に眠りにつく。もう限界と思うまで起きている。
寝ている間物凄い空腹で何回も目が覚め、起きたらナポリタンでも作って食べようと考えながら寝ているが実際起きたら面倒になり冷蔵庫の前の床にペタリとお尻をつけ直ぐに食べれるような物を探したがアイスしかないので仕方なくチョコのアイスを食べる。
直ぐ近所のスーパーは毎日アイスが4割引きなのでまとめ買いをしている。
このスーパーのお客の8割はお年寄りなので冬の間はあまり込まないが春になると虫が湧くようにお年寄りが湧いてくる。逆に店員はみんな若い。大学生のバイトが殆どでレジにはちょとカッコいい若者が立っている。
もし私がこの店でパートしたらこの若者は私に優しくしてくれるかしらなどと妄想するが途中で止める。
やばいもうすぐ夕方6時だ。銀行でお金をおろさなければ手数料をとられると思い慌てて駅前のATMに行く。
いつもこのATMは込んでいて列が出来ているのだけど今日は誰もいない。
ラッキーと思い急いで2台あるうち奥の方の機械にカードを入れると隣の誰もいないはずの機械から「このカードは現在使えません。」などと声が聞こえて来る。
私は「えっ」と思い隣を見たがやはり人はいない。
と直ぐにおばさんが入ってきて隣のATMをピッピッピッと操作しているのだが「番号が違います」と言われ、おばさんは首をかしげながら操作している。
そうこうしているとおばさんは上手くお金をおろせたみたいだが、誰もいないのにバタンとATMのドアが閉じる音が。ドアの外を見ると黒い影だけが小走りに外の道路を走って行く。
何気ない普通の日の夕方に透明人間が出てきたのだろうか?
でも透明人間には陰が出来るのだろうか?
それとも今月のムーに載っていたシャドーピープル?
でもシャドーピープルが出るときは焦げ臭い匂いがするらしいし、身体自体が影なのだ。
私が見たのは地面の影だけなのだ。
持ち主と離ればなれになってしまった影。
子供の頃よく遊んだ影踏みを思い出した。
影踏みで持ち主と離ればなれになって何十年ひとりぼっちで生きてきた影なのだろうか?
持ち主は新しい影を探して生きているのかしらと私の影をふと見た。
もしかしたらこの影もいつか離ればなれになってしまうかもしれないから人に踏まれないように気をつけなければいけないと思い家に帰った。

posted by kyoko at 02:45| 半分妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする