2009年04月14日

気になる宇宙人の音

今週、来週と知り合いの展示が立て続けにある。
本当は今日初日だったので行きたかったが仕事が思いのほか行き詰まり行けず。
時間がたりない。時間がたつのが早すぎる。明らかに時間がどこかで間引きされている。と思ったらやっと原因が分かった。
どうやら宇宙人は地球の時間が大好物のようだ。世界中の時間の中で私の時間は特に宇宙人の好きな味らしく、だから私の時間を食べてしまったのだ。
だからここ数年私にだけ時間が足りない。どう数えても足りない。

この家に引っ越してきてから数週間目のある日、夜中に外から「ボーンボーンボーンボーン」と低い音がする事に気付いた。耳を澄ませば聞こえるくらいの音だったが、だんだん大きくなり、その音は確かに存在していて確かに街中に響いている音なのだが。
だけどその音には誰も気づいていなさそうで朝昼晩と外を見張っているが、道行く人は平然と歩いている。
ひょっとして私だけが聞こえる音なのかしら?
私だけが聞こえる宇宙人からのメッセージ?
それとも家の近くにあるマンモス団地は本当は何かの基地で夜中に巨大ロボットを造っているのか?と本気で友達に話したら「小学生と話しているみたいだ」と言われた。
いや私はマジなんだけど。
こんな話は大人になったらあまり人に言ってはいけないよと言われた。

電車の中で、もの凄く先が尖ったヒールを履いた色っぽいOLを発見。
その不自然なほど尖ったヒールを履くにはきっと意味があるはず。
パラソルチョコを尖った先にしまっておくとか、本当はそこから小型ミサイルが発射するとかずっとずっと永遠に考えていたらあっというまに時は過ぎて行く。

そうあっというまにくだらない事を書きながら、このブログも5年目に突入。
5年の間に色々あったようで何にもなかったようで。私のオッパイも多少引力に逆らえなくなり下の方へ、反対に両親はずっと上の天国に行き、友達には「いつまでたっても非常識だ」と怒られ、私は人格的におかしいのかと自問自答しそんな繰り返しの毎日で。
初めた頃は誰にも言わず、ひっそりと書いていたが最近何人かに「ブログ読んでいるよ」と言われるようになった。
それもなんだか恥ずかしいことなので、なるべく私だと思わず読んで欲しいような。
ブログを書かなくても気が向けばノートに何かしら文字を書いていたので、それをちょっと抜粋して公開しているような物なので何だか恥ずかしいのだ。
なので、人が読もうと読まなくても関係無しで下らない事も、心の闇も妄想も変わらずこれから書いていこうと思う。





posted by kyoko at 01:13| 半分妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする