2014年12月10日

本屋に行くとちょっと落ち込むんだ。

落ち込むと言っても毎度の事だから落ち込む事にもなれて、それがいつもの状態になって麻痺してしまうのが悪い癖です。
自虐とか卑屈って何だか自己保身のような気がして嫌だけど、誰かに「そんな事ないよ」って言ってもらうために卑屈な事を言うのではなくて現実逃避しないため自分に卑屈な戯言を言っていこうと思います。

たまに大きな本屋さんに行っていろんな人の画集見たり、装画を見たりして「うわっ素敵!」って心踊らされるけど、店を出る頃にはこんな事思う。

「こんなにも沢山の絵があるのに、私の描いている絵はここのどこにもないのね。」

そうしていつも肩を落としトボトボと本屋を出るのです。

そんな時は個展なんかして沢山絵を描いてお友達や、たまたま縁があって訪れた人に絵を見てもらって褒めてもらって世に出た気になると少しは「自尊心」ってやつが保たれると思うのだけど、まず、個展するのには先立つ物が必要です。
でも果たしてそこまでする価値があるのか?って思ってしまうけど、確かに個展をすると無理矢理にでも同じテーマで沢山絵を描くからグ〜ンと画力アップしますから、きっと個展してそれだけの見返りがあったらやった方がよいのでしょうけど。
でも金銭的にも辛いのでこの際「妄想個展」でもしようと思います。
きりがよいので母の命日5月31日に搬入でオープンは6月1日〜父の命日の6月27日まで。
20点程の新作を私の心の中にある妄想画廊に展示します。
もう決めちゃったし、書いちゃったし頑張ろう。
本屋さんに置いてある絵の人は沢山仕事して沢山絵を描いているのに、私は沢山描いていないのです。
なので誰にも頼まれていなくても、勝手に描いて、
誰も見ていないこのブログの連載も頑張ろうと思います。

最近はお友達に素敵なボールペンセット50色プレゼントしてもらい、
友達にやった方がよいというアドバイスもあり、成る可く毎日インスタグラムに絵をアップしてます。
http://instagram.com/kyokohirota69




これで私のカレンダーは妄想締め切りだらけでとても忙しくなるでしょう。
本屋で落ち込んだかいがありました。



posted by kyoko at 17:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする