2014年09月19日

野性時代10月号で扉絵を描きました。

sensyoku.jpg

野性時代10月号加藤シゲアキさん読切の扉イラストを描きました。

最初読んだ時グイグイと引きつけられました。
絵を描いている人のお話なので興味深いというのもありますが、
自分と違うタイプの人と付き合う事で、その人に感化され少しずつ変わっていく感じが面白いです。
ある人と出会った事でこんなにも見る景色が変わるんだなという感覚、私も以前に味わった事があるような気がします。
同じ風景だけど、いままで行った事がない場所に迷い込んだような感覚を表現したいと思い描きました。

風景を描くのはとても好きなので今回このようなお仕事ができてとても嬉しいです。
posted by kyoko at 15:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

グループ展にご来廊していただきありがとうございました。

遅くなりましたが先日のグループ展は無事終わりました。
沢山の方に来廊していただきありがとうございました。
今回は「Film noir 」 がテーマで私は大好きな映画「殺しの烙印」を描きたくて参加しました。
映画となるとその映画のファンの人もいるし、ファンの方が見に来て「ヘタクソ!出直してこい!」と言われるのではないかとヒヤヒヤしてました。
そしてそんな方はいなかったので一安心なのですが、とにかく情熱だけで描いてしまったので暑苦しい絵になってしまいました。私の場合全てが暑苦しい絵なのですが。。。。

私は以前、小林旭の映画を見た時、旭よりも宍戸錠の虜になりました。
錠の身のこなし、佇まい、ジョークやしゃべり方全てがちょっとした違和感があり錠から目が離せませんでした。
それから錠が出ている映画を見るようになりこの「殺しの烙印」にたどり着き、ぶっとんだ内容に衝撃をうけました。とにかく前衛的でかっこいいのですが、「どういう事?」と突っ込みたくなる映画なのです。
なのでこの映画の面白さ、素晴らしさを伝えたくて描いたのですが伝わったでしょうか?


そして一緒に展示した方もとても面白い人ばかりで、またどこかでご一緒できたらいいなと思います。

またいつか何か機会がありましたら展示をしたいと思います。
これに懲りず見に来て頂けたらとても嬉しいです。

ありがとうございました。

IMGP2659.JPG
posted by kyoko at 23:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

グループ展に参加します。

gallery DAZZLEにてグループ展に参加します。

「Film noir 」 イラストレーショングループ展
2014年09月09日(火)〜 2014年09月14日(日)
12:00〜19:00 (最終日17:00まで)
オープニングパーティー9日(火)18時〜
フィルム・ノワールをテーマにしたイラストレーション展。
「地下室のメロディ」「チャイナタウン」「殺しの烙印」
「インファイナル・アフェア」「穴」「深夜の告白」
「上海から来た女」「夜の人々」「三つ数えろ」他
米国製のみならず、フレンチ、香港、そして日本ノワールも。

私は「殺しの烙印」を描きました。
korosi.jpg

お近くに来た際にはお立ち寄り頂けたらとても嬉しいです。
posted by kyoko at 22:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする