2012年05月21日

ホームページに作品を追加しました。

セツに通い初めの頃、周りには素敵な絵を描く人が沢山いて、いつも「いいな〜、私もいつの日かあんな絵が描けるようになれるのかな?」と嘆いていました。
毎日絵の事ばかり考え、素敵だと思う人の絵に似た絵を自分が描けるようになる夢を見たりもしました。
でも現実は「素敵」と思った絵と似た絵を描ける事はなく、当たり前の事だけど「私は私のもっている物しかもっていないんだ」と気付きました。
人格や見てきた物、今まで生きてきた環境、好きな音楽、好きな本、好きな世界観など全て違うから、どんなに真似しても出てしまう揺るぎない自分。
真似をしようと思うのは最初のとっかかりで、描いているうちにどんどん別物になってしまう。
私はなんて不器用なのかしら!と思いながらもその違いを笑いながら楽しんでいたりもしました。
好きな物に近づこうと思えば思う程どんどん遠ざかり、そのかわり自分に近づいて行く。
きっと器用な人なら「素敵」と感じた絵を描く事ができるのだろうと思うのだけど、でもきっとそれは通過点で遠回りしながら自分に近づいて行くのだと感じました。


そう思うとセツにいた頃の絵は今の私には描けない絵でそれはそれでとても愛しくもあります。
そして今描いた絵も未来の私には描けない絵だったらいいなと思います。


ホームページに作品落書きを追加しました。
お暇な時にでも覗いて頂けたら嬉しいです。
74b.jpg

posted by kyoko at 16:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

象のシワでは萌えません

吉祥寺バウスシアターで「淫力魔人イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ」を見ました。
全編ライブのこの映画。イギーポップ64歳。身体はかなり鍛えているし、年齢なんて全く感じさせられずとにかく圧倒されたのだけど、イギーのシワとキズだらけの身体をみていたら、私の脳の記憶のスイッチが入り、いつか会った女の人が私の頭の中に何度も何度も映し出されてきました。
記憶の奥の方から滲み出た女の人。
中央線であったあの女の人。
電車の座席に座っている30代位の女の人の前に立った私は女の人の胸元に釘付けになりました。
実際には目が釘付けになるのは一瞬だけで、私の心が胸元に置き去りになりました。
電車から降りてからもずっと感動に近い感覚を抱え忘れられずにいました。
女の人は胸元が開いた服を着ていました。
その胸元にはかなり深いキズ跡が。
怪我をしたのか、手術の跡なのか、白い皮膚に縫い跡がくっきりと残っていたその胸元はとても美しくてうっとりと見とれてしまったのです。
女海賊エメラルダスにも顔にキズがあります。
女の人のキズを見たのはエメラルダスと母親の帝王切開の傷跡以来で、エメラルダスのキズも母親のお腹のキズも子供心にカッコいいと思っていました。

もし私にも同じように身体の何処かにキズがあったなら、多分こうやってキズを出す事はなく生きて行くでしょう。
あえて胸元のキズを出すという事、それは自分が生きてきた証を包み隠さずさらけ出す事のような気がします。
あの女性にもキズにコンプレックスを感じる日々もあったかもしれない。
だけどコンプレックスを潔く堂々と出し、そして出し続けていたらそれはファッションとなるという事を知りました。
誰にも真似出来ない心のファション。
私の好きな映画「ひなぎく」で女の子が「私はがに股。でもそれが個性」と歌うシーンがあります。
私はこのシーンが大好きで、この詩も大好きです。


イギーのライブを見ながら分かった事。
私はシワとかキズを見ると萌えるんだ。
イギーのシワとキズだらけの身体も、あの女性の胸元も、お婆さんのシワシワの胸元も本当に美しいと思う。
若い頃のツルツルしている皮膚よりも美しいと思う。
世の中の価値観とかそんなもの覆す、なんだか心がザワザワする美しさです。

posted by kyoko at 02:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする